南米チリの大地震による津波が到達した2月28日、太平洋側の海岸から1キロ以内にいた人のうち避難したのは10%にどとまることが、民間気象会社「ウェザーニューズ」の調査で分かった。津波の高さについては、50センチでも危険ではないと考える人が過半数を占めるなど、津波の危険性に対する認識が不十分な傾向がうかがえた。

 調査は全国の登録会員1万5908人を対象に、携帯電話サイトを通じてアンケートし、2月28日にいた場所や行動を聞いた。

 海岸から1キロ以内にいた人は14%、3キロ以内は12%、5キロ以内は10%。そのうち、大津波警報や津波警報・注意報が発令された地域にいて避難した人は、1キロ以内10%▽3キロ以内5%▽5キロ以内3%--だった。日常と変わりなく行動した人は、1キロ以内45%▽3キロ以内65%▽5キロ以内69%。1キロ以内で、危険性の高い海や川を見に行った人も8%いた。【福永方人】

【関連ニュース】
おいらせ町長選:津波で投票箱24時間監視、ようやく終了
チリ大地震:義援金53億円に 地元テレビ番組呼び掛け
津波:警報無視?最大波到達前に住民次々帰宅 群大が調査
ツイッター:災害情報伝達への検討指示 総務相が消防庁に
チリ:ピニェラ氏が新大統領に就任 直ちに被災地を訪問

<火災>倉庫や事務所が全焼し1人の遺体発見 さいたま市(毎日新聞)
二条城もネットで散策 グーグル画像公開サービス、32施設追加(産経新聞)
事業仕分け 第2弾 4月と5月の2回に分けて実施(毎日新聞)
自殺防止「雇用対策の充実を」=鳩山首相(時事通信)
首相、政治の信頼回復後に消費税論議 増税なら社会保障目的税 参院予算委で(産経新聞)