海上自衛隊第1術科学校(広島県江田島市)で2008年9月、特殊部隊「特別警備隊」養成課程の3等海曹の男性=当時(25)、愛媛県東温市=が訓練中、15人相手の連続格闘で死亡した事件で、両親が国や当時の担当教官ら4人に、計約8000万円の損害賠償を求める訴えを松山地裁に起こしたことが16日、分かった。
 原告側代理人によると、両親は海自関係者から「養成課程を辞めることになっていた3曹へのはなむけだった」などと説明を受けたが、訴状の中で「体罰や制裁が目的だった」と主張。経緯についての説明も不十分だったとしている。
 呉区検は昨年8月、格闘に立ち会った男性教官を業務上過失致死罪で略式起訴し、罰金50万円が確定。教官とともに書類送検されたほかの3人は不起訴処分となった。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
〔特集〕真珠湾攻撃~ワレ奇襲ニ成功セリ~
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~
【特集】陸上自衛隊装備図鑑~新型戦車、10年度配備へ~
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

北教組逆ギレ?国会追及の議員を呼び捨て批判 日高支部内で文書配布(産経新聞)
火災 興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市(毎日新聞)
二審は賠償減額=北の湖八百長報道-東京高裁(時事通信)
「何も決めてない」=「邦夫新党」対応で-自民・舛添氏(時事通信)
通天閣ロボ 大阪PR「どこでも行くで」(毎日新聞)