厚生労働省は31日、新型インフルエンザの流行について「現時点では沈静化している」として、第一波が事実上、終息したとの見解を示した。

 同省が同日開いた専門家会議で、長妻厚生労働相の談話として発表した。会議では今後、ワクチンや水際対策など6項目の政策について検証。再流行などに備え、結果を6月中にまとめる。

 ワクチンは、スイス・ノバルティス社から輸入した234万回分(30億円)が同日、出荷しないまま使用期限を迎えた。同省は廃棄方針を示している。

規制改革分科会、29日に初会合(時事通信)
サクラ 花見の週末 東京・六義園(毎日新聞)
水俣病訴訟、和解へ=原告団が受け入れ決議-地裁提示案、賛成多数で(時事通信)
地下銀行営業でベトナム人4人逮捕=約30億円を送金-宮城県警(時事通信)
蟹江3人殺傷 パーカ姿の不審男 事件前日に目撃(毎日新聞)