タイの首都バンコクの騒乱を取材中に死亡したロイター通信日本支局のカメラマン村本博之さん(43)について、警視庁組織犯罪対策2課は11日、殺人容疑を視野に捜査する方針を固めた。
 日本人が国外で重大犯罪に遭うケースを想定した刑法の「国外犯規定」を適用する。
 同課によると、捜査はタイ警察当局や現地の日本大使館などと連携しながら進められる。司法解剖を日本で実施することも検討しており、村本さんが死亡した経緯の解明を目指す。
 村本さんは10日、バンコクで取材中、激化した反政府派と治安部隊の衝突に巻き込まれ、左胸を撃たれて死亡した。 

【関連ニュース】
衝突「広がったら怖い」=邦人犠牲に困惑も
邦人安全に最大限努力=タイ外相
日本人ジャーナリストが死亡=デモ隊強制排除で治安部隊と衝突-9人犠牲・タイ
2人死亡、140人超負傷=メヒカリに非常事態宣言
メキシコ北西部でM7.2の地震=建物倒壊で1人死亡

ライター部品か、金属片二つ発見…4児焼死(読売新聞)
しろまるひめが住民登録=兵庫県姫路市〔地域〕(時事通信)
<遺体発見>車の中に身元不明の男性 死体遺棄で捜査 長野(毎日新聞)
コンビニ強盗、3万円奪い逃走 大阪・淀川(産経新聞)
普天間移設で審議官級協議=週明けにもスタート-日米(時事通信)