新潟水俣病の未認定患者救済問題で、国と原因企業の昭和電工(東京都)を相手に1人当たり約880万円の損害賠償などを求めた訴訟を新潟地裁で係争中の患者団体「新潟水俣病阿賀野患者会」(110人)は30日午前、新潟市内で集会を開き、4次訴訟原告(43人)の同意を得て、国と和解に向けた事前協議に入ることを正式に決定した。

 水俣病を巡る訴訟では、国と熊本県、原因企業チッソ(東京都)を相手に損害賠償を求めていた熊本県水俣市の患者団体「水俣病不知火(しらぬい)患者会」(2600人)が今月22日、熊本地裁の和解勧告を受け国などと協議に入っている。国は患者団体の要望があれば事前協議に応じる方針を示しており、新潟でも和解に向けた動きが本格化する見通しとなった。

 新潟県によると、昨年12月末現在で県内の認定申請者数は延べ2230人。696人が認定を受けたものの、延べ1339人が棄却処分を受けており、140人が取り下げた。新潟地裁で係争中の第3次訴訟の原告17人は和解に応じない姿勢を示している。

 昨年7月に成立した水俣病救済特別措置法では、救済対象者を3年間をめどに確定するなどとしているが、阿賀野患者会は原告に参加していない未認定患者や潜在患者が多数いるとみて、阿賀野川流域での住民健康調査の実施を国に求めている。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
阿賀野川え~とこだより:創刊 新潟水俣病啓発活動の一環で /新潟
水俣病:未認定患者救済問題 熊本訴訟和解協議入り 県内団体は評価二分 /新潟
新潟水俣病:阿賀野患者会、昭電に謝罪求める 面会し申し入れ /新潟
新潟水俣病:4次訴訟 原告団、和解事前協議へ 30日、全員集会で確認 /新潟
新潟水俣病:阿賀野患者会、副環境相に救済充実求め要請--あす /新潟

<毎日写真コンテスト>優秀作品展始まる 東京・赤坂で(毎日新聞)
飛び降り死は18歳少年=万引き容疑、逃走中屋上から-大阪(時事通信)
国内長寿2位・113歳、太田ちよのさん死去(読売新聞)
<鳩山首相>普天間移設「5月までに出す」(毎日新聞)
<火災>事務所兼住宅の一部焼く 1人死亡 大阪・城東(毎日新聞)