自民党の大島理森幹事長が29日午前、夏の参院選比例代表の公認を求めていた片山虎之助元総務相(74)と会談し、党の内規である参院比例代表の「70歳定年制」を厳格に適用することを理由に公認しないことを正式に伝えた。片山氏は「すべてに納得しているわけではないが、党として決めたことを理解する」とこたえた。

 片山氏はその後、記者団に対し、岡山選挙区から出馬する可能性などについて、地元の支持者を相談して決める考えを示した。

 片山氏は平成19年の参院選で岡山選挙区から出馬したが落選した。夏の参院選では、参院幹事長などを務めたことを理由に「特例」で比例代表に公認するよう執行部に求めていた。

【関連記事】
山崎拓氏らに参院公認見送り正式通知
自民、片山氏も公認見送り 参院選へ若返りアピール
亀井氏「グズ拓は相手にしない」 山崎自民元副総裁の国民新党入りで
亀井節炸裂「うるさいから言った」 予算委紛糾について
「ブログ市長を監視」団体、初会合に市議15人参加

<初積雪>東京都心でうっすら 松本や前橋も(毎日新聞)
公務員II、III種試験の日程発表=人事院(時事通信)
「相撲の横綱じゃない」朝青龍問題で石原知事(産経新聞)
「現場任せ」が遠因=高松塚壁画劣化で報告書案-文化庁検討会(時事通信)
<君が代不起立>元教職員側が逆転敗訴 東京高裁(毎日新聞)