入院していた幼い娘3人の点滴に水を混入したとして、傷害致死と傷害の罪に問われた高木香織被告(37)=岐阜県関市=の論告求刑公判が17日、京都地裁(増田耕児裁判長)であった。検察側は「満足感を得るため子供を道具として使っており、通常の虐待以上に悪質だ」とし、懲役15年を求刑した。弁護側は執行猶予を求め、結審した。判決は20日に言い渡される。

 争点は、周囲の気を引くため子供を傷付ける代理ミュンヒハウゼン症候群の評価。検察側は論告で「(高木被告を含め)同種の動機で病人を仕立て上げる人たちのことをまとめてそう呼ぶだけ。刑を軽くする事情にはならない」と指摘した。

 一方、弁護側は「原因は代理ミュンヒハウゼン症候群にあり、子供を憎いと思っていたわけではない。児童虐待とは異なる」と情状酌量を求めた。【古屋敷尚子】

【関連ニュース】
点滴事件:母親「特別視が心地よかった」 被告人質問
京都地裁:裁判長怒る 「居眠りする人は出ていって」
京都地裁:裁判員6割の辞退許可…9日間の審理が影響?
裁判員裁判:京都・点滴混入事件 母親「特別視が心地よかった」--公判
裁判員裁判:点滴混入事件 京都地裁、裁判員6割の辞退許可 9日間の審理が影響?

立て替え資金、兵庫県に負担命じる=土地信託事業で逆転判決―大阪高裁(時事通信)
騒動のクジャクは計3羽…結婚式場でも一時居候(読売新聞)
自殺 原因「失業」が7割増 30代の増加、目立つ(毎日新聞)
民主との連立否定=みんなの党・江田氏(時事通信)
不法投棄、罰金を最高3億円に=改正廃棄物処理法が成立(時事通信)