インターネット上の児童ポルノ掲載サイトへの接続を遮断する「ブロッキング」の導入について、有識者や通信事業者などで構成する「児童ポルノ流通防止対策推進協議会」は25日、「技術的には実績があり、流通防止の有効な手法の一つ」としつつ、「引き続き検討が進められることが適当」とする報告書をまとめた。
 ブロッキングは特定サイトの閲覧を利用者の意思に関係なく遮断する仕組みで、欧州各国や韓国が実施している。ネットを通じた児童ポルノの拡散防止でも大きな効果が期待されるが、電気通信事業法で定める「通信の秘密」を侵害する恐れが指摘されている。 

保護者と性的関係=区立小校長を更迭-東京・江戸川(時事通信)
首相動静(3月22日)(時事通信)
おむつ処理に注意を=ポリオ予防接種、二次感染恐れ-厚労省(時事通信)
松野明美さん、熊本市議選に出馬(スポーツ報知)
阪神百貨店で「全国お忘れ物リサイクル品大処分市」(産経新聞)