法政大学高校(東京都三鷹市)の男性教諭2人が修学旅行中に生徒に体罰を加えた問題で、警視庁杉並署は11日、元体育教諭(28)を傷害と器物損壊容疑で、元国語教諭(35)を暴行容疑で、それぞれ東京地検に書類送検した。

 同署幹部によると、元体育教諭は今年1月16日夜から17日、修学旅行先の北海道のホテルで、携帯電話やゲーム機などを隠し持っていた17歳の2年生男子生徒2人の顔などを殴り、2~3週間のけがを負わせ、携帯電話などを壊した疑い。元国語教諭は、同じ男子生徒2人の髪の毛をはさみで切った疑い。

 同署の任意の事情聴取に対し、2人は容疑を認め、「行き過ぎた指導だった」などと供述したという。同校は今年2月、2人を懲戒解雇していた。

 法政大学高校を運営する学校法人・法政大学は「再発防止に努め、学校の信頼回復に取り組みたい」とコメントした。

橋下府知事「維新の会の候補は選挙費用を負担してもらう」(産経新聞)
<囲碁>羽根、逆転勝ち 本因戦第1局(毎日新聞)
羽田エアポート快特 石原都知事「止まらなくてもいい」(レスポンス)
体力テスト 市町村別結果、公開へ 大阪府教委 学校別は非公開(産経新聞)
移設あくまで国外・県外…社民、連立離脱論も(読売新聞)