April 13, 2013

stagE 『趣味の部屋』再び。

数日前、再びPARCO劇場にて『趣味の部屋』観劇。
中井貴一さん、戸次重幸さん、 原幹恵さん、川平慈英さん、白井晃さんのやりとりが絶妙。

ちなみに前回観劇時 過去記事→ネタバレ注意




開演早々 川平さん、やっぱりウザい〜
(↑ 重ねて言いますが ほめてます)


2回目観劇で
先の展開 story的には知ってるのに
やはり 一瞬々々が新鮮で面白いっ。




───以下、多少のネタバレ注意───






e2fb85e9.jpg結末から 逆算してみて
あぁ〜!!、と納得したり
見落としてた
視線・目配せ・動きの意味がわかったりと
楽しさ ×α。


観れば観るほど
何かしら発見が
湧き出てきて
楽しめる舞台かなと。





当日は、収録・録画回。
WOWOWのスタッフさんらしき名札をあちらこちらでお見かけ。

生の舞台は大なり小なりハプニングがつきもの。
録画遭遇率が高いけど、
大きなハプニングって録画の時に結構多い印象がある



今回の
□□□□の○が取れた瞬間。
舞台も客席も
一瞬かたまったけど
初見の方は
あれがハプニングか否か
どっちだろう〜なライン…か…!?!?

(…ってか、アレ、お高いんじゃないかい!?)

まぁ、ラストの
種明かし的sceneで
戸次さんが平謝りで
白井さんがボソッと突っ込んでいたけど。



ハプニングは《生》だからこそ。
内容によっては
役者さんやスタッフさんはヒヤヒヤものかもしれませんが
こちらは結構
ワクワクと
楽しんでいたりする





そして
登場人物 5人
プラス
舞台には直接出てこないけど
確かに生きていた??、生きている人物の存在感や

5+α人の人物相関・立場・距離感が
感情的にも
心理的にも
社会的にも
コロッと変わってゆく瞬間が
気持ちいい。




中井貴一さん
白井晃さんの
劇中での立場がまた
絶妙。




本当に
[至福の時]
でした。




東京公演は
確か明日で千穐楽。



う〜ん、また観たいっ。








------------------
◆お読みいただきありがとうございます
よろしければ一票お願いします (^人^)
人気ブログランキング




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
そんなこんなで @ ぶろぐ内検索。
  ***monthly***
§◆Thanks comment^ ^
§◆Recent TrackBacks
  Thanks---access♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  livedoorさんのcounter、
  最近不調ですねぇ
         ^_^;