演奏会・コンサート

December 02, 2012

musiC 『東京佼成ウインドオーケストラ 第113回定期演奏会』2012.12/1。

ee6747a4.jpg『東京佼成ウインドオーケストラ 第113回定期演奏会』

於:東京オペラシティコンサートホール タケミツメモリアル(初台)

指揮:飯森 範親

……………………
■吹奏楽のための民話/J.A.コーディル

■吹奏楽のための第2組曲/G.ホルスト/C.マシューズ版
  行進曲・無言歌・鍛冶屋の歌・ダーガソンによる幻想曲


■バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)/I.ストラヴィンスキー/R.アールズ編/F.フェネル校訂
  序奏・火の鳥とその踊り・火の鳥のヴァリエーション・王女たちのロンド・カスチェイ王の魔の踊り・子守歌・終曲


〜休憩20分〜

■祈り/佐村河内 守
   東京佼成ウインドオーケストラ委嘱作品 世界初演


■バレエ音楽「シバの女王ベルキス」/O.レスピーギ/木村吉宏編
  ソロモンの夢・戦いの踊り・夜明けのベルキスの踊り・狂宴の踊り

(プログラム順・敬称略)



主に「火の鳥」が聴きたく、初台へ。
隣接の新国立劇場にはちょくちょく行くけど、オペラシティはかなり久しぶり。
タケミツメモリアルには初めて入りました。
マチネの『オペラ座の怪人』に続き、音楽を聴くには前過ぎた感はありましたが
懐かしいまでに久々に吹奏楽の音色を受け止めました。


やっぱり《生》はいいなぁ。
音が肌に伝わってくる。
音の振動や 奏者の息遣い、
観客の熱も伝わってくる。

学生・生徒のみなさんが
身を乗り出して真剣に吸収している様にも
刺激を受ける。



飯森範親さんの
ダイナミックな中での
呼吸をとらえる繊細な指揮のもと
あふれ出てくる音楽に包まれて
幸せな時間でした。





「吹奏楽のための民話」は
コンクールで良く耳にした曲。
中・高時代に聴いたそれは
コンクール用に編曲・短縮されていたので
fullで聴くのは初めて。
とにかく懐かしかった。



「火の鳥」は
やっと聴けた喜びと
曲から広がる世界観への感動とともに、
fluteのパートを指が覚えているのに我ながらびっくり。
そして酸欠&指をつった苦い思い出が

そうこうしながらファゴットもオーボエもホルンもフルートも…
それぞれの楽器の歌うような音色を堪能。



そして「祈り」。
緩急のある音楽が入り乱れて
ラストに向けて音が重なりあい
なんというか…、
譜面に並んでいるおたまじゃくし達はそれぞれ独立していて、
楽器の音色も個々に違うはずなのに、
どんっと一つの塊となり
曲の魂として
心に飛び込んできた。

包み込まれるのとも違う、
正面から直球で飛び込まれる感じに
全身が耳となって身体が震えた。

作曲された佐村河内守さんも来場。
今回聴くことができて良かったです。




吹奏楽、またやりたくなってしまう衝動にかられつつ
また 聴きにうかがいたいです。










------------------
◆お読みいただきありがとうございます
よろしければ一票お願いします (^人^)
人気ブログランキング




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 23:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

November 06, 2010

musiC 『パリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団』

fca39013.jpg『パリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団』

於:東京芸術劇場 大ホール(池袋)

首席指揮者:フランソワ・ブーランジェ
共演:石川直(パーカッション)

……………………
◆バーンスタイン
 「キャンディード」序曲
◆ハチャトゥリアン
 組曲「仮面舞踏会」
 1.ワルツ 2.ノクターン 3.マズルカ 4.ロマンス 5.ギャロップ
◆ハチャトゥリアン
 バレエ音楽「ガイーヌ」〜
  剣の舞、レズギンカ
◆ラヴェル
 バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲
 1.夜明け 2.無言劇 3.全員の踊り
◆ラヴェル
 ボレロ
(パンフレット順・敬称略)


以前 読響を聴きに行った時に本公演のチラシを発見。


「キャンディード」序曲と
ボレロがとにかく聴きたいっ!

…と いそいそとお出かけ。


うっかり観劇感覚でチケットを取ってしまい
音楽を聴くには微妙な席
& 木管が見えない〜
…な事になってしまいましたが
耳で聴いて 久しぶりに吹奏楽を堪能。



木管楽器の音色、好きだなぁ〜と再認識しつつ、...続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 19:17|Permalink

October 03, 2010

musiC 『読売日響 名曲コンサート』

読売日響 名曲コンサート@101002『読売日響 名曲コンサート』

於:東京芸術劇場 大ホール(池袋)
指揮:下野 竜也
ヴァイオリン:南 紫音
司会:古市 幸子(日本テレビアナウンサー)
管弦楽:読売日本交響楽団
……………………
◆グリンカ
 歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
◆メンデルスゾーン
 ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
◆ベートーヴェン
 交響曲第5番 ハ短調 作品67「運命」
(パンフレット順・敬称略)



いつ以来だろう、クラシックのコンサート。

読売日響当選券2枚今回、読売新聞系の某抽選に当選したようで
友人を誘って
いそいそとうかがいました。




芸劇1階ロビー行ってから
関係者のみ、と知り

古市アナのお話から
読売新聞社・日本テレビ放送網・読売テレビの読売グループ3社を母体に設立された読売日本交響楽団
感謝祭みたいな意図のコンサートだった模様と知った次第。



吹奏楽の方が思い入れはあるけれど、
弦楽もいいなぁと感じ入りつつ、...続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 00:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
そんなこんなで @ ぶろぐ内検索。
  ***monthly***
§◆Thanks comment^ ^
§◆Recent TrackBacks
  Thanks---access♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  livedoorさんのcounter、
  最近不調ですねぇ
         ^_^;