レ・ミゼラブル

May 03, 2013

stagE 『レ・ミゼラブル』新演出 プレビュー初日&プレ3日目

今日が本初日ということで…
開幕前に プレビュー公演時の観劇感想記事をば ひとまず、


4a62df57.jpg『レ・ミゼラブル』

於:帝国劇場(有楽町)

作:
演出:


詳細後ほどm(_ _)m
……………………
美術/
(パンフレット順・敬称略)
……………………

□上演時間@


なにせプレビュー初期時点でのお話。
観た後に
今日まで
諸々あちこち変更あるかも。


キャストの方の受傷などで
日程変更があったり…
決められた日に舞台に立てない役者さんたちの心情を思うといかばかりか…と思いつつ、
乗り越えて 頑張って!!!な気持ちです。



で、新演出となり




───以下、毒入り ネタバレ注意───





予めお断りしておきますが
ジョン・ケアード版がとにかく好きだったので
独断と偏見あり。
あと、すでにいろいろ変更あった可能性アリ。




第一音をはじめ
楽曲編成(楽器・譜面)が変わり、
前奏・間奏がなくなったり増えたり
(場面転換の都合にもよる!?)、
台詞・歌詞も所々変わり、

原作に近い場面も増えたりしつつ
(ex.改心前のバルジャンが少年からコインを奪う、エポニーヌがマリウスかばって撃たれるetc.)

学生その他、
みんなが主役というよりは

ジャン・バルジャンという一人の男の生涯に焦点・軸が絞られた感じ。


映画versionを
そのまま舞台に持ってきたというか
(まぁ、新演出舞台versionが映画化された訳だが)。


映像もセットもより写実的。
仕方ないかもしれないけど
台詞も説明的な箇所あり。
描写が細かい分
舞台からの情報量が
視覚・聴覚、とにかく多い。

ただ、それだけに
観る側の想像力が不要に…。
[下水道]は良かったが
想像の余地なし…。


元々日本人って
能・狂言で想像して楽しむ文化、
犹,垢覘疂顕修根付いているから、
特に前versionで見慣れていると
違和感あるかも。



で、結婚式の場面・ラストなど
いかにもミュージカルな形になり
結果、


二言で言えば
・普通のミュージカルになっちゃった
・〈盆〉は偉大だった(特に二幕)。






盆がないゆえガブローシュの最期間際が
見えなくなった
(撃たれる瞬間も、その角度じゃアンジョルラスも撃たれるんじゃ!?…謎)のは
歌詞も短くなり
何が起きているかわかりにくいかも…。


そのアンジョルラスの一つの見せ場だった
撃たれる瞬間はバルジャンがマリウスを逃がすために逃げ道(下水道)を探している場面と重なり、場合によっては見逃す

で、バリケードで赤い旗の上で仰向け→死体処理のリアカー上で仰向けに変更は
華々しさは減るが、
一市民・一学生に過ぎないという視点ではアリかなと。
ただ、ガブローシュと二人じゃなく
他にも死体の山があって乗ってる形の方がいいのかも〜と。



その後のカフェソングは
♪empty chairと言われるわりに
椅子がない
キャンドルも視覚効果はきれいなれど
(灯火=魂をあらわす文化の問題かもしれんが)、
それ以前にモチーフとなってないゆえ突然出てきた感あり。




ついでにラストの違和感、
砦で女性たちが一緒に闘って死んでゆくところが描かれてないから
最期に学生たちとともに
バルジャンのもとに来るのが
妙な感じが…

司教様も
原作で読む分には
その死や バルジャンが人知れず喪に服すのが書いてあるので納得ですが〜。




セットが変わり、
S席なのにサイドブロック(下手側)だと見切れた(気付きにくい)のが

プリュメ街での塀の陰になってしまったエポニーヌ、
同じくプリュメ街でマリウスが歌い出した頃に2階にいるコゼット、

♪ワンデイモア の2階バルコニーにて歌っている時のコゼット、


砦の最初の戦いでバルジャンが撃ち落とす狙撃兵(下手セットの上側)…


あと、新演出でのある意味目玉の
映像が 3分の2〜半分位しか見えない


サイドブロックな時点で多少の見切れは想定してるが
センターブロックと同じ席種・値段というのは
どうなんだろう〜。








あとは小道具の存在感が減ったかな…
(ex.銀の燭台・空の椅子・ワンデイモアでバルジャンが大切にしていたコゼットに初めて会った時の服や人形…etc.)




とはいえ、
前述の原作に近い描写や
(身代わりに撃たれたエポニーヌに突き飛ばされて気づかないマリウスはつながり的にアレだが)
ガブローシュがジャベールに何度か会って見知っている描写、

『レ・ミゼラブル百六景』(鹿島茂さん著)にも述べられている
当時のパリの 狭い路地や 社会的背景の描写、
原作に近いバリケード

…は印象に残った。





観たのがプレビュー公演初期。

まだ段取り確認感は否めないけど
(まぁ、そのための爛廛譽咼紂辞瓩世)、
しっかり役に入っている役者さんも多くて

いろいろゴタゴタしている中ながらに
演出も 公演日程も安定して、
役者さんが本当に猝鬮瓩箸靴得犬てきたら
よりスケール感がupするのかな〜と
期待。






GWは会津若松帰省中なれど
また『レ・ミゼラブル』本公演を
帝劇で観たいです。









------------------
◆お読みいただきありがとうございます
よろしければ一票お願いします (^人^)
人気ブログランキング




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 12:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 22, 2012

『レ・ミゼラブル』新キャスト発表。

読売新聞めくっていて
朝から
しっかり目が覚めました。

『レ・ミゼラブル』新演出バージョン
新キャスト発表。

旧バージョンと変わってない〜!!なところと、

予想通りなところと、

これは期待!!なところと、

その役へ移ったの!?なところと、

う〜ん、○○さんの△△役が観たかったんだけど…なところと、


朝から脳内てんやわんや。


2003年バージョンで
プルヴェールが印象的だった
(個人的には本役もだけど
ベガーの"ヒモ"役が凄く良かった)
萬谷法英さんが
戻ってきたのは嬉しいな。

…その役かいっとびっくりしたが。



ともあれ新演出も楽しみ。






------------------
◆お読みいただきありがとうございます
よろしければ一票お願いします (^人^)
人気ブログランキング




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 08:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 13, 2011

『レ・ミゼラブル』大千穐楽。

cd33096e.jpg
9cca35da.jpg
終わった〜。


1998年に出逢い、
慣れ親しんだミュージカル『レ・ミゼラブル』
本日無事に 大千穐楽を迎えました。


4月に開幕して
あっという間だった。


通常公演も
アンサンブルの力が凄くて
作品の力に圧されて感動しっぱなしでしたが、

スペシャル公演がまた、
期待以上に凄かった。


鹿賀丈史さんのジャベールの帝国劇場を埋め尽くす圧倒的な存在感をはじめ、
石川禅さんと 岡幸二郎さんの
マリウスとアンジョルラスとの懐かしい絡み、

2003年版から“ワーテルロー”の歌詞がなくなってしまったけれど 根底の悪党ぶりが憎々しい斎藤晴彦さんのテナルディエと
その悲惨な家庭環境な分 更に引き立った島田歌穂さんのエポニーヌ、
はかなげな昇天と 包み込むようなバルジャンへのお迎えが印象的な岩崎宏美さんのファンティーヌ…

帝劇の重厚感を肌で感じた舞台でした。



カーテンコールは
今年版の キャストが
既に千穐楽を迎えた方々も含めて全員集合。


確かに寂しさはありますが
もう 満足満足な
素晴らしい大千穐楽でした。



キャストのみなさん、
スタッフのみなさん、
ありがとうございました




勝手に打ち上げ〜で
さすがに疲れたので
(仕事の某〆切りもあり)
また 後日
『レ・ミゼラブル』の記事をupできれば〜と思います。







------------------
◆お読みいただきありがとうございます
よろしければ一票お願いします (^人^)
人気ブログランキング



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 10, 2011

『レ・ミゼラブル』4連初日。

c2c359da.jpg
『レ・ミゼラブル』4連初日!
…と申しましても
日替わり出演者、
千穐楽の嵐。


今日のキャスト、
好きなプリンシパルが多いだけに残念。。。


そして明後日には
現在の演出終了。


寂しくなります。



観る側も
全身全霊で
観劇いたします♪







------------------
◆お読みいただきありがとうございます
よろしければ一票お願いします (^人^)
人気ブログランキング



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 17:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 05, 2011

book$ 『レ・ミゼラブル』(全4冊)。

d89c9fbb.jpg『レ・ミゼラブル』(全4冊)

ユーゴー :作
豊島 与志雄 :訳
岩波文庫
 赤 531-1〜
  赤 531-4

['11.04.22.〜'11.06.03.読了]




只今 帝国劇場にて上演中のミュージカル『レ・ミゼラブル』の原作。


読み終えた充実感と
作品の気高さ、
無償の愛に溢れたヴァルジャンの崇高さに
感動のまま読了。




今まで 新潮文庫版を読んでいましたが、
今回は岩波文庫版初読み。

新潮さんは解説が充実していて好きなのですが、
岩波さんの格調高い文もなかなか読みごたえがありました。

岩波文庫版は、原書の挿絵200枚も収載されているのも見所。
1巻のコゼットの絵は、ミュージカルのモチーフにもなっております。


…とりあえず保留の言葉の数々はこれから調べ直さないと



『レ・ミゼラブル』を読むのは久しぶりなれど、
その間、『カンディード』や『シラノ・ド・ベルジュラック』を読んだのがよかったらしく、


そして何より、
上演中の『レ・ミゼ』の世界観が原作を彷彿とさせてくれたので
すんなり脳内はフランスへ。



時系列がいったりきたり、
場面もいったりきたり、
登場人物も入れ代わり、
更には 歴史、ユゴーが生きている時代の筆者の目線、雑学etc.の脱線(…といってもそれだけ意味もあり、伏線回収はされますが、)も多いため、

読みながら付箋を貼って&書き込みしていったら なかなか凄まじい事に。
…誰にも貸せない…。



1815年10月始め、ジャン・ヴァルジャンは19年の刑期の後に放免、紆余曲折を経てシャール・フランソア・ビヤンヴニュ・ミリエル司教に出会い、"銀の燭台"の件になります。

そしてプティー・ジェルヴェーとの出来事を経て、改心し、新しい道を歩き始める訳ですが、


この19年涙を流した事のなかったヴァルジャンの19年ぶりの涙。

読みながら その崇高な光景に身体中があたたかいものに包まれた感覚になりました。


その感覚は ラストシーンにも、
ヴァルジャンが神の世へ旅立つ瞬間にも訪れました。



ファンティーヌがコゼットを想う愛、
ジルノルマン氏がマリウスにかける不器用な愛情、
フォーシュルバンがヴァルジャンに示し続けた感謝と尊敬の念、
報われなかったエポニーヌの愛、
etc.etc.
たくさんの愛情が 作品に流れ続けているのを感じます。



また、アンジョーラ(=アンジョルラス)と学生達のキャラクターや関係性を 改めて読み返し、
今 上演中の『レ・ミゼ』が とことん話し合われて成り立っているのを再認識。



1832年の6月5〜6日の砦の場面、
それに付随する 下水道、マリウスをジルノルマン氏邸へ搬送する件、
6月7日のジャベールの自殺。


僅か数日の事なのに 500頁に及び、
その文の緻密さや 人間模様の変化に感嘆。


ジャベールの自殺にいたっては第五部中《第四編》として独立しており、
乱れるはずのないジャベールが心乱れ、
自己の存在意義が消失し
価値観が崩壊し、
敬謙なキリスト教にも関わらず 自殺しか選択肢がなくなった一連が
胸に迫る。


と同時に
その分 ヴァルジャンの存在意義が浮き上がってきており、
ジャベールが砦で赦されたように
ファンティーヌの不敬が赦されたように、
ヴァルジャンを赦したミリエル司教の重み、人と人との出会いについて 考えさせられてしまいます。



それにしても
表現が細かいやら
人物設定が細かいやら…。
砦の日に鼻風邪ひいていたジョリの会話文が濁点づくしだったのには笑ってしまった(これは訳者の腕もあろうが)。


ちなみに表現に関しては
人物だけでなく 風景、情景、
とりわけ光と影の描写が巧み。
映画や レンブラントの絵画を観るように
街を知らなくても
ふうっとフランスが浮かび
日の光、照明の光と
反する影が
想像できます。




ともあれ、千穐楽前に読み終えてよかった。



時間が許せば
もっと掘り下げて
また続きをupいたします。







------------------
◆お読みいただきありがとうございます
よろしければ一票お願いします (^人^)
人気ブログランキング





  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 04:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

April 23, 2011

stagE 『レ・ミゼラブル』通算2500回。

7c1cddc7.jpg←$写真は本初日$.゜


本日4/22、ミュージカル『レ・ミゼラブル』通算2500回でした。


…もしや 13〜15分の1は観ている計算!?…との
恐ろしいコトは置いておいて

公演終了後、
キャストの方の舞台挨拶あり、

その後、
岡幸二郎さんを筆頭に
バックステージツアー並の
『レ・ミゼラブル』の裏側紹介がありました。


2000年だか2001年だか
バックステージツアーに当選した時、
アンジョルラスの岡さんにご案内いただいたのはいい想い出。


今回 更にパワーアップして
『レ・ミゼラブル』特有の二重盆や照明、
バリケードの秘密や
舞台では見えないキャストの方の動きの秘密(ジャベール、マリウス、フイイ、ジョリ、アンジョルラス等) etc.etc.

盛り沢山の内容でした。



しかしながら 岡さん、
『レ・ミゼ』を知りつくしている上
Talk術も長けているから
面白い 面白い。


阿部よしつぐさん、上原理生さんと現Wアンジョルラスもなかなか貴重。



『レ・ミゼラブル』好きの一人としては
代々お歴々の方々が
24年かけて築いてきた作品の
2500回の節目に立ち会えた事、
皆で時間を共有できた事、
裏側を観る機会をいただいた事など
貴重な時間に 感謝々々です。




さて 今回の『レ・ミゼラブル』。

アンサンブルの皆さんの役が
“役”として伝わってくるのが とにかくすごい。

プリンシパルの方もすばらしいのですが、
中には公演数が少ない方もおり
それがとかく残念。


あと何回観に行くか
わからないけれど

今の演出が最後となる今回、
悔いの残らないように 観劇したいと思います。






------------------
◆お読みいただきありがとうございます
よろしければ一票お願いします (^人^)
人気ブログランキング



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 00:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 12, 2011

stagE 『レ・ミゼラブル』プレビュー公演2日目。

cced12a1.jpg

いよいよ始まるミュージカル『レ・ミゼラブル』


一昨日4/9はmy初日にして プレビュー2日目。


身体に染み付いてるな〜、『レ・ミゼ』。


前回の2009年帝劇公演は
修士論文に追われて結局観にいけなかったけど
数年経っても つい 昨日観て また来たぞ!…みたいな感覚。




a5ce0a33.jpg

さて、4/9(土)昼プレビュー公演は
ジャベール役の石川禅さん、
マダム・ティナルディエ役の阿知波悟美さん以外は
みんな 今回初キャスト。
(アンジョルラス役の阿部よしつぐさん、マリウス役の原田優一さんは 出演経験ありですが、役が違った)。


それだけに
期待と不安が入り交じった回。

客席も緊張しながら
いざ、開幕。


出だしの囚人は なんだか緊張!?で
動きが ぎくしゃくした労役でしたが
歌声が まとまってて圧倒。

「♪一日の終わり」にあたりから
これこそ『レミ』!!な雰囲気に
どんどん のめり込んでいきました。


今までも いろいろとプレビュー公演を観てきましたが、
もう何回か本公演をやったのでは!?と感じてしまうほど まとまっており、
『レ・ミゼラブル』の世界観・作品が成り立っている事にただただ感動。


まぁ プレビューならではの 「(・・?)」な部分もあるにはあったけど、(音きっかけとか)、調整範囲内。



吉原光夫さんのヴァルジャン、独白の場面は鳥肌もの。また、随所にヴァルジャンの“怪力”を思わせる場面あり。実年齢からしかたない面もありますが ラスト もうちょっと老けていただければ、と…。


対する石川さんのジャベール、
なぜだか一番緊張されてたような…!?
前々回公演以来ですが、「そうきたか〜!!!」な新たな発見があって
笑う場面では決してないのですが
にこにこしながら観てしまいました。



阿部さんのアンジョルラスは、アンジョルラスの内面の心理変化が細かい。バリケードでの学生や市民との関係性・かかわり方が繊細で緻密。他の役も溶け込んでいて これからが楽しみ。


個人的に、石川ジャベと 阿部アンジョが絡む場面、
もう何年も前になりますが
初演からの『ジキル&ハイド』や2003年の『砂の戦士たち』を思い出すと 感慨深いものがありました。



原田さんのマリウス、アンジョルラス時代の面影なく、すっぽりとマリウスになっており、ちょっとびっくり。


アンサンブルでは
さとう未知子さんが『ジェーン・エア』でのイメージが強かっただけに、全く違う役柄であらためて演技の幅を感じたのと、

バリケードでしっかり参謀役になっていたコンブフェール役の谷口浩久さん、

山田ぶんぶんさんを彷彿とさせるマダム役の谷口ゆうなさん、

(仲間内通称)酔いどれくん、本役プルヴェールの五葉隼人さん、

怪しいかつら屋の絵理さんが
印象に残っています。



あぁ たくさん書きたいけれど きりがないのでおいおい。



明日4/12は本初日。

地震で大変なのは重々承知なれど
仕事中も、寝る寸前まで
故郷福島が頭から離れず
ヘロヘロになる中、

あの3時間は劇場の外の現実を忘れられて
見終わった後、さぁがんばるぞ!!と思えた貴重な時間。

そして、自分にとって
とてもとても大事な作品。


無事 公演が成功しますように。。。






------------------
◆お読みいただきありがとうございます
よろしければ一票お願いします (^人^)
人気ブログランキング




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 10, 2011

stagE 『レ・ミゼラブル』ブログパーツ登場…していました。

レミゼ写真@101207←$昨年『モーツァルト!』観劇時、帝劇前$.゚


今年の4月から6月に
帝国劇場にて開演される
東宝ミュージカル『レ・ミゼラブル』。




上京して
社会人 3ヶ月目に出会ってしまったこの作品。



この作品に出会って
そこから いろんな方々に出会って
大きく人生設計を変えてしまいました。


その思い入れのある作品が
今回で 現演出バージョンが最後ということもあり、
また
鹿賀丈史さんをはじめ
懐かしのキャストでのスペシャル公演や

阿部よしつぐさんのアンジョルラスなど
新しいキャストでの公演やらで
楽しみな訳ですが、


自宅のPC・インターネット接続が不調の間に
まぁ いろいろブログやら
イベントやら 催されていたご様子。



う〜んっ、
アンジョルラスとグランテールのトークショー、行きたかった。。。



と、あちらこちら
site内を見ていたら
あらぁ、ブログパーツなんぞあるではないかっ



思えば ここ数年でネット環境も変わったなぁ〜。
2003年の頃は ブログよりも 掲示板形式 or HPの方がメジャーだったし、
1998年の頃なんて PCには仕事以外には あまり使わなかったし。。。



とか何とか思いつつ
せっかくなので
当ブログにも貼り付けてみました。

PCのみでごめんなさい)



ちなみに公式siteはコチラ



4〜6月、
楽しみ楽しみっ。







------------------
◆お読みいただきありがとうございます
よろしければ一票お願いします (^人^)
人気ブログランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 00:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 13, 2010

stagE 『レ・ミゼ』プリンシパル スケジュール。

しばらく東宝のHP見てなかったけど
いつの間に発表になってたんだ!?

2011年の『レ・ミゼラブル』のプリンシパル スケジュール。
通称 “キャスト表”。


東宝さんのホームページから…
  4月
  5月
  6月


スペシャル・キャストって
基本、固定なのね・・・。


鹿賀丈史さん、島田歌穂さん、岩崎宏美さん、石川禅さん、斎藤晴彦さん、岡幸二郎さん、林アキラさんは
ロングversion時代に
当たり前のように観ていた組み合わせ。
(まぁ、鹿賀さんはヴァルジャンだったけど)。

いままでも なんとか記念の度に
何度か実現してきたけれど
帝劇100周年記念の今回が
ホントにホントでLastなんでしょうね、多分。


あとはアンジョルラスの阿部よしつぐさん、
ファンティーヌの新妻聖子さんが楽しみ。

本役以外も観るのが楽しいんだな、これがまた!
新妻さんのピエール、かわいくなりそう♪



あとは
いつ観るか
仕事の休みをどう確保するか…^_^;。。。

さて、
検討検討。








------------------
◆お読みいただきありがとうございます
よろしければ一票お願いします φ(.. )
人気ブログランキング



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 22:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

July 17, 2010

stagE 2011年『レ・ミゼラブル』(帝国劇場)キャスト発表。

オフレコ情報も飛び交っていた中、
とうとう発表されました、
2011年度『レ・ミゼラブル』(帝国劇場)。

今回は、帝劇開場100周年記念公演。

その記念すべき公演に
キャスティングされた方々
…の詳細は
東宝さんのHPにお願いするとして、
[⇒http://www.tohostage.com/lesmiserables/top.html]

100周年記念のスペシャルキャストの
鹿賀丈史さん、岩崎宏美さん、島田歌穂さん、石川禅さん、岡幸二郎さん、林アキラさん、斎藤晴彦さん、鳳蘭さん、今井清隆さんも
楽しみでございます。

また、
今回 新たな本役の方々の中では
前回エポニーヌだった⇒今回ファンティーヌの新妻聖子さん、
ジャベールのKENTAROさん、
アンジョルラスの阿部よしつぐさん、
前回アンジョルラスだった⇒今回マリウスの原田優一さんが
楽しみ楽しみ。
(阿部さんと原田さんの声質がかぶるのが
アンジョルラスとマリウスの役上の関係からして
ちょっと心配といえば心配だけど…
あ、でも『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』で共演されているか)。


特に
阿部さんは ちょこまかと
公演を観にうかがっていた方だから
とにもかくにも嬉しい限り。



昨年は学校があったこともあり
わたしには珍しく
『レミゼ』観劇できなかったけど
今回、また『レミゼ』帝劇通いが
復活しそうです。

さて、
原作本
ふたたび読まなくては!!

今度は
岩波文庫版でも読んでみよう。。。






------------------
◆お読みいただきありがとうございます
よろしければ一票お願いします φ(.. )
人気ブログランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 11, 2007

(^^)/ 『レ・ミゼ』日本初演20周年。

bf854415.jpg
↑$_99年&今年のパンフ
  カーテンコールにてとんできた お花&tape_$.゚

今日 6月11日
『レ・ミゼラブル』日本初演20周年にあたります。
20年前といえば、ふつうに田舎で小学生していましたわ(^^ゞ。

舞台も 迫力ありました。
(膨大な量になるので今回は割愛にて m(__)m)

 Yahoo!ニュース オリコン:関連記事

特別カーテンコールは
初演にご出演の 日本版オリジナル・キャストから...

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 23:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 09, 2007

stagE 『レ・ミゼラブル』初日。

ce64d6f1.jpgそんなこんなで迎えました
昨夜の『レ・ミゼラブル』初日。

やっぱり『レミゼ』はいいですね〜

…の一言に尽きます。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 11:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 08, 2007

stagE レ・ミゼラブルな1週間 〜3ヶ月開幕。。。'03プレビュー初日は!?

25de797e.jpg←$_ボケボケですが
  岩波文庫版_$.゜

今日から帝国劇場にて
『レ・ミゼラブル』
開幕します。

日本上演20周年にあたる この年に、またまた観劇できて幸せでございます

いろいろ回顧。
上京したての約10年前に初めてこの作品に出会いました。
いやぁ〜...続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
b3524155o at 16:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
そんなこんなで @ ぶろぐ内検索。
  ***monthly***
§◆Thanks comment^ ^
§◆Recent TrackBacks
  Thanks---access♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  livedoorさんのcounter、
  最近不調ですねぇ
         ^_^;