2008年06月11日

「Rainbow Connection」  カーミットヴァージョン と カーペンターズヴァージョン

Muppet Show: Music Mayhem & More - 25th Anniv Coll
Muppet Show: Music Mayhem & More - 25th Anniv Coll

「レインボー・コネクション」って 
スタンダードナンバー化 しているんですね
色々なヴァージョンがある のも びっくりです。

前記事、 自己オールタイムが70年〜73年の曲でガッチリ固まっている中
異例で ベスト10に入れたのが

「Moon River」 と 「Rainbow Connection」

ということで?

自己ベスト10の中でも 
究極 最後に どの曲を残す? と  訊ねられれば

「悲しみのヒーロー」 は別格だけど 
あとはこの 月 と 虹(笑)なのかも知れません。

その「Rainbow Connection」 は 
超有名 子供番組 セサミストリートでの
人形 (マペット)の 操り師 に加え テレビや映画の制作者である

ジム・ヘンソンが 独自に製作した 
マペットショーの 中 の キャラクター・ 

蛙のカーミット が歌って(声はジム本人)
79年11月24日 最高位25位のヒットになりました。
HOT100に17週、TOP40には7週チャート。

蛙の声での歌唱だけど コミックソングの枠を超えて 
きれいなメロディーの名曲です。

ジム・ヘンソンは 70年にセサミストリートのキャラクター
”アーニー”の声として 「Rubber Duckie」最高位14位のヒットを放っているので
2曲目のトップ40入りですね。

「Rainbow Connection」の作者は
 カーペンターズやスリードッグナイトへの楽曲提供でも
有名な ポール・ウィリアムス 。

夢見がちな 私は
”虹” という言葉が入っている曲は 何でも好きになってしまいます。(笑)  

往年の名曲
ジュディー・ガーランド「 Over The Rainbow」 とか
天地真理「虹をわたって」 とか(笑) 

虹の言葉からは ファンタジックなイメージがありますね。

この「Rainbow Connection」も歌詞は

「虹 の歌って 世の中には いっぱいあるけれど、どうしてだろう?
 ”虹は ただの幻想さ” という人もいるけれど、(そうじゃないさ)

 いつか僕たちは 虹の つながりを 見つけるだろう
 恋人たちと 夢見る人たちと そして 僕と・・・ 」

ポール・ウィリアムス自身が 自分が他のアーティストに提供した曲を
セルフカヴァーした 97年発売のアルバム 
『Back To Love Again』の中でも
この曲を取り上げていますが、そのライナーで 

「自分の子供が 夜寝る時に
いつも “あの虹の曲を歌って” と せがむんだ・・・、 
自分も (自分が書いた曲の中でも)特に この曲が好きだ」 と
書いてありました。

それから そのポール・ウィリアムスつながりで カーペンターズもこの曲
を取り上げています。

と言っても 紆余曲折で
カレンの生前の最後のアルバム
『Made In America』に 収録するかしないかの 候補曲として
仮歌でカレンが「Rainbow〜」を 歌ったけれども 
最終的には そのアルバムには 収録されなかった。

でも2001年になって その「Rainbow〜」仮歌に アレンジ演奏を付けて
リチャードが曲を 完成させて・・・ 

そういう風に 昔の音源から、あらたにアレンジ完成させたものや
未発表だったライブの音源を 集めて 発表されたのが
『As Time Goes By』というアルバムでした

また カーペンターズヴァージョン「Rainbow Connection」は
日本では2001年7月に TBS系 ドラマ
「恋がしたい、恋がしたい、恋がしたい」(菅野美穂主演)の
主題歌として起用されています。

私は ドラマは観ていませんでしたが 
カーペンターズが あのカーミットの「Rainbow〜」カヴァーを
発表したというのは よく覚えています。

カーペンターズヴァージョンは
カレンの ゆったりした歌声 で アレンジも ゆったりふんわり!
おとぎ話のような感覚になりますが

でも これに関しては  やっぱり
カーミットの方が 何か 哀愁感があり 好きですね。

この曲は ケニー・ロギンスが ”くまのプーさん”関連アルバム?で
取り上げていたり 
他にも 
色々な ヴァージョンがあり
アメリカでは ヒットの規模以上に
広く知れ渡っているようで
スタンダードナンバー化しているので

そこら辺の話題 は またパート2として書いていきたいです。


では  カーミット・ザ・フロッグの 「Rainbow Connection」
(今まで観ていた オリジナルレコードヴァージョンが 使えないみたいなので
 とりあえず 映画ヴァージョンを載せました)






それから
デボラ・ハリーがゲスト出演した(驚)時のもの




そして
カーペンターズヴァージョン




さて 次回は レインボー・パート2の前に
60年代に行きたいです。

今日も 読んでくださり ありがとうございます。


b382313961 at 13:13│Comments(16)TrackBack(3)リメイク ・ パロディー ・ ノベルティー 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. セサミストリート展 in サンシャイン60  [ ぱふぅ家のホームページ ]   2009年03月08日 09:28
カーミットは世界で一番有名なカエルのマペットだ。≫デザインを一新しました。
2. セサミストリート展 -カーミット-  [ ぱふぅ家のホームページ ]   2013年11月27日 11:38
カーミットは世界で一番有名なカエルのマペットだ。ジム・ヘンソンが、母親の緑色のコートの使って作った最初のマペットがカーミットだという。ヘンソン自身が声優を務めていた。
3. セサミストリート展 -カーミット-  [ ぱふぅ家のホームページ ]   2015年04月26日 23:45
セサミストリート展 -カーミット-【更新】記事「カーミットそっくりの新種カエル」追加

この記事へのコメント

1. Posted by golden_70s   2008年06月12日 22:15
バッチリ、トップ40を聞いていた時期なので
曲名やポール・ウィリアムスが書いた曲ということを憶えています。
が、どんな曲だったか憶えていませんでした。
とてもほのぼのとした曲ですね。
こんな曲を聴いて、心を癒すのも良いですね。
2. Posted by ヒロクシン   2008年06月12日 22:41
golden_70sさん

どうもありがとうございます

この曲は 最高位25位なので
トップ40では 聴かれる 機会が
少なかったかも知れませんね。

ほんと 癒しの曲です(笑)
3. Posted by 福山のスローハンド   2008年06月13日 00:13
セサミ・ストリート・フリークの福山のスローハンドです(笑)。
セサミ・ストリートは毎週欠かさず観てました。月刊誌を定期購読してたし、サントラ CD も買ったし、DVD も数枚持ってます。でもいまはもう日本では観れないんですよねぇ。大人も楽しめる番組なのに残念でなりません・・。
さてさて、僕はアーニーの「ラバー・ダッキー」の方は持ってるんですが、カーミットの方は持ってません。
とても懐かしかったです。いやぁほんと癒しの空気に包まれますね!。
しかし、このデボラ・ハリーとの「共演」クリップは強力ですねぇ(笑)。
4. Posted by ヒロクシン   2008年06月13日 07:19
福山のスローハンドさん
どうもありがとうございます
セサミストリートフリークだったんですか! 
すごーい。
確か去年まで テレビ東京で 放送されていましたが
今は もうやってないみたいで・・。

「ラバー・ダッキー」も 可愛く面白い曲ですね。

デボラ・ハリーとの共演 強力です(笑)
でも、 何か ほのぼの としていますね。
5. Posted by 熱帯   2008年12月14日 21:52
「rainbow connection」を検索していて
こちらを見つけました!
いい曲ですよね。
カーペンターズバージョンは知りませんでした。

ハワイの兄弟デュオの
「Brothers Cazimero」が
ハワイ語で唄ったバージョンがあるのですが、
これもいいですよ、
機会があったらぜひ!
6. Posted by ヒロクシン   2008年12月15日 01:05
熱帯さん
はじめまして!
この曲にコメントを頂くのは
嬉しいですね。 

どうもありがとうございます。

私は ”大好きな曲”という表現を
かなり多用していますが(笑)

特に「rainbow connection」は
本当に大切な曲と感じています。

プロのアーティストだけでなく 一般の人が 歌っても
ほのぼのとた雰囲気になる曲ですね。

「Brothers Cazimero」さん 
また 捜して 聴いてみますね。

貴重な情報 感謝いたします。 
7. Posted by 熱帯   2008年12月15日 17:09
ヒロクシンさん、

早速のレスをありがとうございます。

その後ほかの記事も読ませていただきましたが、
トップ3(止まり)とか視点が面白いですね!
またどこかにレスを付けたいかも、
その時はよろしくお願いします。

それから「Brothers Cazimero」の
「レインボウ・・」はベスト盤に
収録されてます。

ではでは
8. Posted by ヒロクシン   2008年12月15日 22:50
熱帯 さん

再び どうもありがとうございます。

僕の視点は だいぶ・ずれているかも知れませんが
(汗)
また どの記事にでも お待ちしています!!

よろしくお願いします

あと ハワイのBrothers Cazimeroのレインボー
興味ありますね〜 ベスト盤 さがしてみます。
9. Posted by 熱帯   2008年12月17日 09:04
ヒロクシンさん、

他の記事も楽しく読ませていただいています。
ほんとうに興味がつきません。
私もほぼ同じ年代なので('59年生まれ)、
曲もなつかしいものばかりです。

「Rainbow Connection」はほんとうに
特別な曲のようですね。

わたしは'78から'85年までハワイで過ごしたので、
「Rainbow Connection」も含めて、
ハワイの地元アーチストによる全米ヒットの
カバー曲にも親しんできました
(例えはエアサプライの「Here I am」などは
 オリジナルと同時に地元アーチストのカバーでも
 ヒットするという現象があったりと
 おもしろい場所だったのです)

そんなわけで私はCazimeroバージョンが
一番親しみがあります。
彼らの曲はYoutubeにも何曲がアップされていますし、
当然あると思って書き込みしたのですが、
どうやら見あたらないようです。

それで一つだけでアップされている
ブログがあるのですが、
ここで他のブログを紹介したりリンクを
貼るのはためらわれるので、
興味がありましたら私の方まで
メールをください。
返信メールでお送りますので。

曲のシンプルな美しさがハワイ語にとても
あっていると思います。

10. Posted by ヒロクシン   2008年12月18日 09:18
熱帯さん
おはようございます
色々 詳細 ありがとうございます

「Rainbow Connection」は
自身のオールタイム9位の位置ですが
やっぱり最後に残すとしたら この曲というくらい
大切な曲です。

ケニー・ロギンスの項で書きましたが
コーラスグループや 高校卒業式のヴァージョンもあり
それが皆 ジーン とくる仕上がりになっていますね。作者ポール・ウィリアムスのヴァージョンも
素晴らしいです。

熱帯さんが
ハワイに78年から85年まで 行かれていたとは
素敵ですね〜。

私はハワイには 72年と 94年の
過去2度行きましたが
ほんとに 他の地よりも
ゆったりとした気分になれる雰囲気で癒されました。
ハワイのアーティストは カラパナ??
イボンヌ・エリマン??以外
全く知らないですが 
地元アーティストのカヴァーヴァージョンも 
聴いて見たいです。

何年か前の NHK 朝のテレビ小説 
東京、飛騨高山 それにハワイも舞台にした 
「さくら」は ユーモアのセンスの中にも
とても 心温まるドラマで 大好きでした。

Cazimeroさんについても興味あるので
またメールさせて頂きます。

11. Posted by 熱帯   2009年01月16日 15:04

イボンヌ・エリマンは地元に戻って、今でもときどき唄っているようです。

他にハワイ色を前面に打ち出さずに、
それなりに活躍?したアーチストでは 
「Seawind」というグループがいましたよ。
「Follow Your Road」という曲が印象的でした。
あとは「Two of Us」くらいしか知らないのですが・・。
(Top40に入ったことあるのかな?)

(PCトラブル、なかなか大変そうですね)
12. Posted by ヒロクシン   2009年01月22日 01:42
熱帯さん

返信また 遅くなりすみません

コメント いつもありがとうございます

イボンヌ・エリマンは 東洋系のエキゾチックさが
風貌にも声にも感じられて 好きですよ

今も 地元で! 歌っているんですか〜

あと Seawind の 方を 調べてみたら
ビルボードではポップチャートの
シングルヒットは、ないものの

アルバムチャート(200位)では

77年 「Seawind」 最高位 188位
78年 「Window Of A Child」 最高位 122位
79年 「Light The Light」 最高位 143位
80年 「Seawind」     最高位  83位
(77年とは タイトルは一緒でも
  異なるアルバムのようですね )

4枚が チャートインしているようです。

もちろん 僕は このグループを知りませんが
こうやって ポップフィールドでも
ランクインしているのは 凄いですね

13. Posted by 熱帯   2009年01月23日 09:55
(PC復活おめでとうございます)

Seawind、思ったより売れてなかったんですね・・
(地元ということでハワイのラジオ局が
 たくさんかけていただけかもしれない・・)。

私も2曲しか知らないので
バンド全体のことはいえないのですが、
follow your roadはなかなかいいですよ。

youtubeにもアップされているので、
一度聴いてみてください。
14. Posted by ヒロクシン   2009年01月23日 21:42
熱帯さん
パソコン復帰にかんしても
コメント どうもありがとうございます

「Follow You Road」聴いてみました
ヴォーカル(奥さん?)が 力強いですね
ハワイを超えて アメリカ全土でも
ヒットしそうな感じの曲と思いました

歌詞も 深そうで また チェックしてみたいです 
15. Posted by ぽんたん   2014年05月29日 07:17
当時、日本で発売されなかったレコードを輸入盤で探しまくりました。
レインボーコネクションはどうしても見つからずLAまで行ってタワーをまわり見つからずにハワイで購入しました。
その後、CDになったのでレコードは手放しましたが、ジャケットはグラミーでカーミットがパフォーマンスしたときと同じもので手放さなければよかったと最近思っています。
以前、えとせとらレコードで1枚10円で大量に引き取ってもらいました。
いまはレコードは売れないからねとビートルズの「抱きしめたい」などの赤盤さえも一律10円。そんな時代でした。
部屋が狭く置き場所がないのは大変です。

話は変わるけど、虹は親しい人が亡くなった時に魂が天に昇っていくから悲しまないでと残った人に教えるんだと考えられている国があります。
虹は死んだ人が渡っていく橋なんだそうです。
16. Posted by ヒロクシン   2014年06月03日 09:32
ぽんたんさん この曲へコメント頂くと
それだけで もう 胸が熱くなり・・(笑)

ぽんたんさんのLA→ハワイの熱意は
凄いですね

えとせとら 一律10円は 
ほんと 断腸の思いが 伝わってきます・・


虹の感動的な話も どうもありがとうございます

虹は 誓い、約束、再会、絆
色々な意味がありますね

いつまでも 純心さを忘れずに みたいな
思いも 出てきます 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字