”マンマ・ミーア” ミュージカルを ひとりで観て・・1971年、年間チャートから雑感(2) 芋づる式に・・!?

2008年12月13日

1971年、年間チャートから雑感 (1)

Greatest HitsGreatest Hits
Lynn Anderson

Collectors' Choice Music 2005-01-04
売り上げランキング : 125313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何回か 拙ブログでも話題にしている
アメリカン・トップ40 再放送ですが

いつものウィークリーチャートに加えて 

年末は
クリスマス特集やら 年間チャート放送もあるとのことで


詳しくは euclid_uplandさんの 今週や 先週の記事を ご覧いただいたり

euclid_uplandさん

また 熱心なマニアの方が たくさん 投稿されている
アメリカン・トップ40掲示板
を覗いてみると
詳細が わかりますが

今年の 年間チャート再放送は 
1971年のトップ40と 
1980年のトップ50


の放送決定ということで  
僕も71年と80年の 年間の中から ほんの少しだけですが
3回に分けて書いてみようと思います。 

チャート的なことは 次々回の80年の方になるかな。
今回と次回は71年の曲を取り上げます。




もちろん 僕は 71年は リアルタイムでないけれど

1971年というと やっぱり 一番印象に残っているのは
ジョン・レノン 「Imagine」

この曲は チャート上では 凄い勢いで3位まで 駆け昇り
すぐ下降してしまった上に 集計の狭間にも かかってしまったので
残念ながら 年間チャートには ランクされていません。

あと印象に残った曲の中には この当時としては 珍しく半年以上もかけて 
登場24週目に最高位5位を記録した ソウルフルな名曲
フリー・ムーブメント「I've Found Someone Of My Own」
という曲もありますが、

個人的には 心底 惚れ込んでいる 魂の曲
マービン・ゲイ「What’s Going On」が 
やはり この年 一番好きな曲ですね。

と いうことなんですが
まず 最初に取り上げる曲は この年の年間41位!

この年、71年は アメリカン・トップ40の放送自体は
上位40曲のみの発表だったということなので

惜しくも聴くことの出来ない位置に居る 41位の曲を ここで紹介しましょう。
(笑&嬉)

71年の年間41位の曲は 

リ−ン・アンダーソン「Rose Garden」

71年2月13日、20日 最高位3位 (2週)
HOT100 17週   TOP40   14週 TOP10  6週

年間チャートの集計期間が70年12月1週〜71年11月最終週だとすれば
この曲は 最初の1週 (70年11月28日の初登場93位)のみ 
カウントされないで あとは 満了のはずなので 
やはり 年間41位は 順当な位置なのでしょうが

40位に あと一歩だったのは かなり 残念でしたね。
今回 どこかの放送局で エキストラでかけてくれないかな(望) 
 
     
リーン・アンダーソンは カントリーシンガー・ソングライターの母を持ち
自らも カントリーチャートでは 
18曲のトップ10ヒット(内 5曲が1位)のスーパースターですが 
ポップチャートでのトップ40ヒットは
この「Rose Garden」1曲のみ。

でも その1曲が 全世界的に大ヒットして
全米の最高位3位 を はるかに凌ぐ 知名度になりました。

最初の歌詞 「I Beg Your Pardon」 <パードゥン>の慣用句
“ごめんなさい” とか “もう一度お願いします”
の 意味は この曲から覚えたような気がします

1989年には 「Rose Garden」をサンプリングした
Kon Kan「I Beg Your Pardon」が 最高位15位になり
そこからも もう一度? この曲の知名度がアップしたようです

「Rose Garden」は 同じくカントリー シンガーソングライターの
ジョー・サウス作で  

あの「Drift Away」(73年5位)のヒットを持つ
ソウルシンガー ドビー・グレイが 69年に
100位以下(バブリングアンダーチャート)の
119位にした曲を リーン・アンダーソンがリメイク。

僕は 軽快な ピロピロしたアレンジも好きですが
この曲は やはり イントロが印象的で

同じ年 71年の
南沙織のデビュー曲(のちに森高千里も カヴァーした) 
「17才」 は これとイントロが 似ていると言われましたね

それでは 1971年 年間41位
リーン・アンダーソン「Rose Garden」




では 次回は 71年 ジョーン・バエズの曲に行きます。 

b382313961 at 22:39│Comments(6)TrackBack(0) アメリカントップ40 再放送 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 福山のスローハンド   2008年12月13日 23:32
この曲はいま聴いても古くさく感じませんね。何度聴き返しても温かいです。
また、ヒロクシンさんも書かれてますがカナダのデュオ、Kon Kan の「I Beg Your Pardon」でサンプリングされましたが、これがまた優れたサンプリングでしたね。「Rose Garden」のサビの部分のみ「ディスコ調」になってて見事に Kon Kan の曲の中に溶け込んでいました。どちらも大好きでした。
2. Posted by ヒロクシン   2008年12月14日 12:42
福山のスローハンドさん
コメント どうもありがとうございます!

kon kanの曲は 当時 大好きだった記憶のみ
あって (今は)どんな感じのアレンジだったか
すっかり 忘れていますが(爆)
また 聴いてみます!

年間チャート 楽しみですね!

  
3. Posted by golden_70s   2008年12月15日 22:00
この曲、大好きです。
私もいつかこの曲を取り上げる予定です。
70年代を代表する曲ですよね。
曲調が、モロ70年代って感じです。
とっても良い曲です。
4. Posted by ヒロクシン   2008年12月15日 23:08
golden_70sさん

どうも ありがとうございます

この曲は ほんとに 知名度高く
70年代を代表する曲ですね

また 記事 楽しみにしています!!
5. Posted by Hs   2008年12月18日 02:00
ヒロ先生♪
真夜中に☆ハウディ!

この曲ほんとに17歳だ。
筒美京平さん、うまくやっちゃいましたね。

リーン・アンダーソンも70年代アイドル風でいいです(笑)

6. Posted by ヒロクシン   2008年12月18日 09:31
Hsさん 朝から☆ハウディ!
コメントありがとうございます

(もちろん いい意味で!)
筒美 京平さんのこういう 曲作りの才能って
誰も真似できないくらい 凄いなーと
思います。好きな曲がたくさんありますよ。

「17才」は というか 南沙織さんが
大好きです。

リン・アンダーソンのフルフリの黄色い衣装
いいですね 
  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
”マンマ・ミーア” ミュージカルを ひとりで観て・・1971年、年間チャートから雑感(2) 芋づる式に・・!?