発達中の低気圧の影響で北日本を中心に15日にかけ強い風が吹くとして、気象庁は14日、暴風や高波、吹雪による交通障害への警戒を呼び掛けた。
 同庁によると、日本海北部にある低気圧が急速に発達しながら北東に進み、14日夜、オホーツク海に達する。この影響で北日本の上空に寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置となる。
 北日本と北陸で風が非常に強く、北日本では雪を伴い吹雪となる所もある。予想最大風速は北日本の日本海側で海上25メートル、陸上20メートル、同太平洋側で海上25メートル、陸上18メートル、北陸地方で海上20メートル、陸上18メートル、伊豆諸島20メートル。
 北日本や北陸では大しけとなり、北海道日本海側では15日にかけても続く見込み。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

<殺人>長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知県豊川市(毎日新聞)
チリ大地震津波勧告 避難率、4割を切る(産経新聞)
火葬料410万円着服の斎場職員を懲戒免 忌引も不正取得(産経新聞)
雑記帳 高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬(毎日新聞)
<暴行>強制送還機内で暴れナイジェリア人逮捕 成田で1月(毎日新聞)