24日午前11時半ごろ、堺市中区土塔町の市立東百舌鳥小学校で、調理実習の授業中、ガスこんろの火が近くにいた5年生の女児(11)の衣服に引火した。女児は背中にやけどをしたほか、火を消そうとした際、両手をやけどした。女児は病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 西堺署が詳しい原因を調べている。

【関連記事】
収穫のジャガイモで児童11人が食中毒
食育にベニズワイガニ、杉並で出前授業 24日、鳥取の漁協
若者の魚離れ防げ! 市場が出前授業
実習ショップ…“金の卵”が豪華もてなし
大阪府「産学接続コース」 来年度から本格始動

「森伊蔵」など人気焼酎、中国で無断商標登録申請(読売新聞)
普天間移設、首相「連立維持する形の結論出す」(読売新聞)
<雑記帳>「新潟おでん」売り出しに市民らが新組織発足(毎日新聞)
来年度予算案 31府県がプラス編成 大阪、増加率トップ(産経新聞)
寛仁さまが退院(時事通信)