鳩山由紀夫首相は21日夕、首相官邸でクリントン米国務長官と会談した。冒頭、首相は日米安全保障条約改定50周年を迎えたことを踏まえ「同盟を深化させたい」と表明。「韓国哨戒艦沈没事件やイランの核問題もある。同盟関係に基づいて日本と米国が信頼関係を強化することが重要だ」と強調した。
 これに対し、クリントン長官は「オバマ政権は日米関係に大変強い関心を持っている。これからの50年はこれまでと同じくらい良い50年にするため、協力したい」と応じた。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島~哨戒艦事件、北魚雷攻撃と断定~
〔写真ニュース〕クリントン米国務長官来日
〔写真ニュース〕普天間、5月決着へ努力
〔写真ニュース〕日米外相が会談
〔写真ニュース〕普天間、5月決着へ努力

「辺野古」日米合意、社民は反対方針(読売新聞)
<裁判員制度>会見へ協力求める 新聞協会が文書公表(毎日新聞)
<サクランボ>4年ぶり豊作 山形県の対策推進協予測(毎日新聞)
ひったくり中高生2人逮捕「パチスロや遊ぶ金に…」 東京・足立(産経新聞)
三菱東京UFJ行員を逮捕=車内で下半身露出―愛知県警(時事通信)