兵庫県佐用町の「佐用共立病院」で入院していた高齢者6人が肋骨(ろっこつ)を相次いで折り、看護師羽室沙百理容疑者(26)が1人に対する傷害容疑で逮捕された事件で、同病院の穀内隆院長は12日記者会見し、「骨折が呼吸状態に悪影響を及ぼしたのではないか。死期を早めた可能性がある」と管理責任を認め、謝罪した。県警は骨折と死亡の因果関係はないとみているが、病院は遺族に謝罪するとともに補償などを検討するという。
 病院では、2008年12月8日から昨年1月19日の間に、75~99歳の寝たきり患者6人の肋骨骨折が判明。いずれも後に死亡した。しかし、4人目が発覚するまで外傷性を疑わず、体の向きを変えた際などに起きたと判断していた。
 羽室容疑者は6人のうち、最初の患者ら3人の骨折を知らせた第一発見者で、昨年1月5日に看護師らを対象に実施した聞き取り調査では「疑われるのでしょうか」と涙を流したという。 

【関連ニュース】
看護師、傷害容疑で逮捕=入院患者の肋骨折る
路線バスにひかれ3歳児死亡=運転手を現行犯逮捕
原告と4700万円で和解=03年の内視鏡手術事故
1歳女児、送迎バスにはねられ死亡=72歳運転手を逮捕
妻に暴行、死亡させる=傷害致死で夫逮捕

「心臓病に効く」とサプリ販売=東大病院医師かたり偽薬-容疑で無職男逮捕・警視庁(時事通信)
目の特徴逃さず 上野の雑踏で手配の男逮捕(産経新聞)
海外からの投資をめぐる北朝鮮の錯覚
<阿久根市>「まるで人民裁判」…市長主催の「市民懇談会」(毎日新聞)
逮捕の両親、鑑定留置=次男に食事与えず死亡-さいたま地検(時事通信)