わんぱく相撲浦安場所(浦安青年会議所主催、産経新聞社協力)が15日、千葉県浦安市舞浜の市運動公園総合体育館で開かれ、市内の小学生力士約440人が熱戦を繰り広げた。

 学校の枠を超えた交流を目的にした恒例の「5月場所」で、今回は23回目。

 牛村直央君(同市立高洲小6年)の選手宣誓に続いて男女別、学年別に取組が行われた。

 低学年はミニサイズの土俵で「はっけよい」。世界に広まる「スモウ」らしく、外国人女の子力士も両国国技館の大相撲夏場所に負けない大一番で場内を沸かせた。

【関連記事】
おんな相撲大会 金太郎にふんした参加者も 岡山・鏡野町
みやびやかな祭典絵巻 島根・出雲大社の大祭礼開幕
【私も言いたい】「温暖化対策」 「25%削減妥当でない」9割
元若麒麟がIGFでプロレスデビュー!
「ひよの山」うちわ、無料配布へ 大相撲

<普天間移設>米、「現アセス範囲内で」 辺野古浅瀬困難に(毎日新聞)
捜査員同宿「違法の疑い」=殺人の無職男裁判員裁判-大阪地裁(時事通信)
<覚せい剤所持>京大生に有罪判決 大阪地裁(毎日新聞)
厚労省の6独法で健保保険料優遇…是正要求(読売新聞)
特別な看病演出「居心地よかった」 娘点滴混入死で母(産経新聞)