湯けむり滋賀雄琴ソープランド事件簿

湖のほとりのネオン輝く一角、滋賀は雄琴のソープランド街に響く叫び! 30代独身サラリーマンのオレが身を賭して片っ端から潜入調査!?

雄琴のソープの響きは懐かしのダブミュージックに似ていた

そこそこ雄琴のソープ界隈にも足を運び、顔とまではいかないが常連の店も増えてきたんだが、雄琴の風俗情報ならアソビバと情報源を決めているので、いつもそいつでリサーチして、足を運ぶというだんどりだ。今日もいつも通り情報源から店を決め、予約し、現地突入決行。いつもの様に気持ちよすぎるひとときに満足。仕上げにゆっくりと風呂につかりながらソープ嬢と話しをしていた。どこかで聞いた懐かしいダブミュージックの響き。そうだ懐かしのマークスチュアート&マフィアの音に似ていた。興味のある人は一度聞いてみてくれ。http://www.asoviva.jp/shiga_fu/shop4453.html ちなみにここの娘は知らなかったがipodで聴かせると気に入っていた。  

 

 

その響きは雄琴ソープ

こないだ雄琴の「御三家」とか見てたから、ちょっとついつい予約しそうになりましたが今月はちょっとガチな月末までお金が使えず。想像であの写真の全員でアモーレして終わりました。

 

「アモーレ」とは?ご想像にお任せいたします。

 

御三家と聴いて急に聴きたくなったのが中学くらいんとき以来聴いてなかったトリップホップですね。ポーティス・ヘッド、トリッキー、マッシブ・アタック。ご存知ですか?

 

ふらっと聴いてみてください。最近タイトな音のものばっかり聴いてる方はできればバイナルで。音の感じがスモーキー。霧に包まれたような質感がドシっと鳩尾にきてくれます。

 

響く音が・・・いつもより深いですねここのシステムは・・・

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/search232.html

ハッ!ここはイイコトできるお風呂場!

雄琴ソープに時代を見る

さりげに、大好きなスコット・ヘレンを中心とする流れが、大きくエレクトロニカやヒップホップを変えたと同時に一度それらを終わらせた。

 

雄琴の風俗情報ならアソビバだが、そこに要約された風俗の流れもまた一度終わろうとしているものを加工し、新しい風を吹かせ、再び終わらせようとしているかのように今まさに「時代」を迎えようとしていると思う。

 

DABRYEを久々に聞きながらひどく真面目な顔をし、今、俺は、まさに、

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/shop3213.html

このページだけで想像とそれ以外のものも膨らんで、とりあえず握り締めている。

雄琴 ソープは朝ドープ

秋深し・・・。

 

OTHERWISEをカーステレオに放り込み、気ままなドライブをするには気分のよい朝だ。

 

昔持ってたミキサーが生きていれば、ここにドワっとリバーブをかけて、さらに深く。そしてカットインで、とスイスイ運転、ハッ!ここは雄琴 ソープ街!?

 

チュンチュンと雀が鳴いているのはスクラッチ代わりだな。

 

湖畔のたおやかな朝にアグレッシヴ・フロウで颯爽と乗りつけBIG気取って気持ちよく指名。お店によっては朝割りなんてある。しかし、危険なビッチたちだぜ。

 

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/shop4045.html

 

早起きはやっぱ良いわ。息子の起きもハンパねえわ。

 

・・・俺、なんでこんなにテンション高いの・・・。

 

安定感の雄琴ソープ

船越英一郎の安定感が半端ないサスペンスドラマを見ているようなもので、お決まりのアレってあるのいい。

 

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/shop5038.html

最近、私にとってこの店などは、そういった店になりつつあるかな。

 

しかし、そういう時も雄琴の風俗情報ならアソビバ

 

新たに行きたいところが必ず見つかる。私を呼ぶ新たな風が吹いているのさ。

 

Amouageって店もかなり気になっている。在籍女性の美しいこと・・・膝をついてご挨拶するためだけでもイキたいね。

 

女性が美しいと男ってものは元気になるからね。おっと、これは下ネタじゃないぜ?

 

ボウズ・オブ・カナダを車で流しながら少し懐かしい風の中、私は風俗をたしなみに今日も行くのさ。それが、オトナの男の勉強というものだろう?

 

少しは勉強しろよ。体と頭と金使ってさ。

 

って、いいながら足ガクガク運転さ。

やりすぎたな。

雄琴で人生に迷ったらソープへ

まあ、こないだから秋色玄人向けな肌触りの曲がとまらないわけで。

 

雄琴 ソープという名の男の風呂場も、ココからが旬の季節です。

 

下半身をすっきりするためだけに行くのは照れくさいので、もちろん夕日を昔のルパン宜しく琵琶湖で浴びて、少々かっこつけてから。

 

風呂場が秋の香りと水蒸気の香りが響く中、ちょっと乳輪の大きな女性と戯れるのもオトナの男の義務みたいなもんじゃねえか。その後少しスコッチでも飲むのが通ってものだ。

 

どこかで見たような話だって?きっと、疲れているのさ。

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/

男の義務を果たして来いよ。きっと、スッキリするさ。

 

行き場が分からない、そんな道を歩いているならこいつに聞きな。

 

雄琴の風俗情報ならアソビバだろ?遠慮はするなよ。

 

男の人生はいくつもの道があるものさ。

雄琴で気取るならソープへ

夏が終わってしまってからの高中正義が大好きで、ここからぼちぼち私がBPM落として音楽聴く季節になっていくわけで。

 

雄琴 ソープという名の男の風呂場も、ココからが旬の季節です。

 

まるで夕日を昔の金曜ロードショウのオープニングのように琵琶湖で浴びて、少々かっこつけてから。下半身さらしにだけ行くのは照れくさいじゃねえか。

 

風呂場がダブのフロウ宜しく音が響く中、ちょっと声の大きすぎる女と遊び、軽く日本酒を引っ掛けるなんていうのは、本当にオトナの男のたしなみみたいなもんじゃねえか。

 

ココなら最高の鳴りに違いないだろう?

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/search232.html

 

そして、爽やかに高中正義を聞きながら去っていくのさ。

「私のことは、追うんじゃない。」

そういい残してな。

 

男の人生はそうあるべきだね。

雄琴で映画のようにソープ

ひとりの秋の夕暮れはEddie Robertsが一番いい。

 

ピアノ旋律がしっとりと僕を寂しい気持ちにさせたなら、自然と僕の足はいつものソープ街に向いていた。

 

そう、雄琴 ソープへ。

 

なんとなく水蒸気の香りっていうのは落ち着くものだ。ちょっと無口で大人しい彼女は少し僕を緊張させる。

 

すぐにニッコリ微笑む一重美人の彼女にそんな緊張は直ぐにほぐれるのだが。

 

繰り返すたびに少しづつ変化していく単純なピアノの旋律を思い出しながら、僕は彼女の一ヶ所を執拗にまさぐる。

 

だんだん、激しさを帯びて、乱れる彼女を見てるとなんだか思い浮かべてるEddie Robertsが変な具合にマッチして一生忘れられないような気になった。

 

いい曲は、どんなシーンも映画のようにしてしまう。

 

「たっぷり出たね。」

はい・・・。

雄琴ソープのエリカよ

エリカ・ブードゥーっていう歌手がいて、なかなかシブい。ウインドウ・シートなんかはセックス&ザ・シティーに使われていて皆も良く知っていると思う。

 

ウインドウ・シートはエリカが惜しげもなく道端でポロリするPV

 

惜しげもなく肉体をふんだんに露わにした雄琴 ソープ嬢さながらなかなか雰囲気のある脱ぎ方をしてくれる。少しずつ都会の喧騒の中を服を脱ぐエリカの姿と伸びのよい喘ぐような声は、何というかアーバンなこの季節そのものだ。

 

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/search232.html

 

美しい女性と特別な時間を過ごすにはこの季節はあまりにも似合いすぎる。そして、あまりにこの程よい肌寒さは人肌を気持ちよく感じさせる。ああ、エリカ。あんたの肌をいつか俺は味わいたいよ。

 

しかし、ソープ嬢がやたら可愛くって元気だったりしてこういう物憂げな男の哀愁をかき消すことも・・・あるなぁ・・・。

 


コチラをご覧頂きたい。

雄琴ソープで分泌

生活の中でふっと潤いがない気がしたら、私は間違いなく雄琴のソープへ向かうでしょう。

 

最近は凄く日本のラップばかり聴いてますが雄琴 ソープへ行く時はジブラにでもなったつもりで30度ほど反り返っていくのが自分の中のブームです。

 

ベタですが一番自分が特別になったかのように感じます。

 

そして、雄琴の風俗情報ならアソビバで。最高の気分にしてくれる女性は、だいたいここに載っています。

 

HIP HOPが最高なのは人間が一時的にでもふんぞり返るほどに、周りからしたら馬鹿馬鹿しいくらい上機嫌の瞬間を永遠にしておいてくれるから。

 

たとえソレがドープであろうと無かろうと、脳内に分泌されたもんは同じです。

 

おっと、いろいろ分泌されそうな感じになってきたので、今日はここまでで。

 

会いたくて・・・雄琴ソープ

何となく水蒸気の香りと言うのは欲情するに充分なものである。

そして、乱暴な気持ちになるには少々無粋な気分になり、少々のストレスならすんなりと忘れて妙に神妙になるのだ。

 

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/shop4045.html 

その上美人に見つめられた日には、神妙で厳かな面持ちで先ずは香りを堪能させていただく。そこからは、楽しくサービスを素直に受けさせていただくのだ。

 

つい最近になって知った大人の遊び方だが、雄琴の風俗情報ならアソビバというだけあり本当にここまでハズレ知らずである。

 

しかも、前も書いたがこんなところにこんな楽園があったことを知らなかった。京都からソープが流れてきたにしても凄いバリエーションである。

 

特に写真の子ね・・・本当にお美しいので、今からお会いしに行きたいと思います。


Deepに雄琴ソープ

ラウンジ系の秋が香る季節。

 

こないだの雄琴 ソープの話とそれるんですが、色んな夜のお店が厳しい状況になっているみたいで。

 

関西のクラブがことごとく夜の1時までの営業になり、夜に活発化する私には厳しいものです。

 

秋はdeep houseも聞くに素敵な音楽です。

 

非常に地味ながら深い音の楽しめる、色気のある音楽だと思っていますよ。

 

リバーブといって音がボンヤリ奥行きがある感じに仕上がる音響効果の一種なんですが、歌物にはそういう効果が多用してあって、ちょうど彼女たち

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/

に会える場所のようです。

 

Deep houseのような深いところで感じあいたい私は、今日も雄琴のソープ街へ繰り出したいと思います。

 

もう、寒い季節は直ぐそこですね。

行ったことなかった雄琴ソープ

ところで、そんなこんなで知った

雄琴 ソープですが、地元のクセに本当に右も左も分かんなくって。

まあ、結構遠いんですよ。実家から。

(新大阪から公共の交通機関使っていくのと車で私が行くのと

そんな変わらないんじゃないですかね?)

それに、観光地に先ず用事が無かったんでね。

 

でも、なんせ出会いの機会が引っ越したらあるかと思ってたら意外に無くって。

これ、もう私は性格上の問題でもあるだろうと諦めています。

 

ただ、本当に楽しい時間はロス無く過ごすようになりました。

関西の風俗やデリヘル情報満載のアソビバ!.jpが舐めまわすように情報かっさらって、

なおかつ整理しててくれてますからね。コレさえ見れば安心して遊べます。

 

お得なイベントやプランも、私はもちろん吟味はしますが良さげならいっときます。オススメです。

雄琴風俗はソープで決まり!

こないだの話の続きですが、本当に故郷を出てみると全然好きじゃなった

その土地のいいところ分かるんですよ。

 

例えば、そう、雄琴ソープが優秀であることね。

 

「風俗とか行くのかぁ、じゃあ雄琴のソープ街なんか行きまくりだったんだな。」

そんなことを先輩に言われて知ったんですよ。

雄琴ってただの観光地だと思ってましたからね。私はビックリしました。

 

自分の故郷のこと知らないって恥ずかしいですよね。

私は、ちょっと雄琴にこんな振り切ったような男の楽園が故郷にあることを

誇りに思いますね。

雄琴の風俗情報ならアソビバですが、雄琴といえば温泉だけじゃない、

ソープも男なら当然知らなければ大人としてかっこ悪いですよ。

 

勿論、昔みたいなヘタな風俗通いはもうしませんね。アソビバで上手に遊びます。

ソープは意外に近かった・・・それは、おごと

滋賀に住んでいると特にやることが無くって、私にはネットか風俗しかありませんでした。

 

当時はhttp://www.asoviva.jp/こんなサイト知らなかったのでピンからキリまで味わったもんです。

しかも、アソビバのお得なクーポンさえあったなら

私は今よりもう少しmp3データを買っていたことでしょう。

声だけカワイイおばちゃんと50分も息の合わない時間を過ごすことも無かったでしょう。

 

滋賀の本当に片隅で休みといえば時々おばあちゃんのやってる田んぼの手入れしたりして

1回県を離れてみて、それがどんなにのんびり楽しい日々だったかを知りましたけどね。

 

そして、滋賀に住んでいたにも関わらず知らなかった雄琴ソープ。

やっぱり雄琴の風俗情報ならアソビバですね。それも雄琴ソープは特に最高です。

 

一度、県外に住んでみるのもよいものです。知らないものが見えてきますよ。

じゃ○んには載っていない観光地 雄琴ソープ

滋賀には観光スポットも数多くあるが、やっぱ男なら知っておかなければ

いけないのが滋賀のソープのことである。

ココには滋賀が密かに誇っていいと思える。

男の楽園特殊浴場がある。そう、雄琴 ソープ街である。

 

しっかり女性の質や衛生管理などにも真剣に取り組む真面目なソープ、

当然どこだって気を使ってるところでしょうが、

雄琴 ソープは徹底していると思われますね。

 

そんな雄琴ソープだからこそ栄えているのは当然!

安心して接待にも利用できるので団体割引のあるお店も少なくありません。

 

おごと温泉を満喫するのも当然ですが仲良し男同士で雄琴に行ったなら、

お得なソープ情報をチェックの上、利用しない手はないです!

思いっきり羽を伸ばすしかないですよ。

 

雄琴といえばソープ、雄琴 ソープのお得な風俗情報といえばアソビバ、是非チェックしましょう!


ソープよりも温泉の雄琴に。

ある都市伝説的な噂話に、

「琵琶湖の雄琴あたりでオンナが泳ぐと妊娠する」とか、

本当にアホな話を、意外と本気で信じる馬鹿がイッパイいた時代も。

 

もちろん、雄琴 ソープから流れる排水に精子が…

ってなことでも言いたいんでしょうけど?

 

そんなワケあるかい!っちゅうねんって!

 

もし、そんなことが有るなら…ワシかて、

素性も知らないけったいな女の子と浮気して、

もしもお土産(性病)をもらっちゃった場合にも、

「こないだ行ったプールで感染したみたい」って奥さんに言い訳するわい!

 

まあ、風評被害っていうんですかね?

おごと温泉ってより、この雄琴ソープの名前が売れすぎて困ったもんだと、

温泉旅館の方々はおもったんでしょうね。

 

温泉に浸かれるわ、ソープもあるわ…最高なのにねえ。

雄琴にソープが出来る前は?

でもね、歴史からしても、

そんなに歓楽街として歴史が深いわけじゃないんですよ。

この雄琴のソープ街が出来始めたのは昭和40年以降の話。

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/search232.html


それまでは、もしかしたら何らかの風俗はあったかも知れないが、

決して遊郭とかそんな規模のものではなかったみたいですね。

本当に純粋な温泉宿の街。

そして人が集まるから、必然的に出来たのが風俗店だったと。

しかも丁度風営法改正の時期にもかぶさり、

大阪や京都でのソープ的な営業が禁止となりました。

これは今も変わらず。ごぞんじですよね?

 

こまった京都の風俗業界は、ここ雄琴の地に集まり始めた…ってことなんだとか。

我々にとっちゃ、そりゃそれで胸躍る話なんですが、

 

そうもいかない方々も…じつはいたんです。

ソープで有名な雄琴ってどんなとこ?

そうそう、比叡山坂本といいましたが、

たしかにココから自力で

雄琴 ソープ街まで行くんならタクシーでしょうね。

 

ところで、比叡山…由緒あるお堅い感じがします?

昔は、比叡山延暦寺っていえば女人禁制の聖なる山。

信長の焼き討ちも歴史の教科書に出てきましてよ。

 

そんな硬派なのに、近くにソープ?

 

今は形こそちがえど…八坂神社手前の祇園、生駒の宝山寺なんて今もまだ。

遊郭なごりのラブホ街たとえば大阪の生玉谷九という具合に…

寺社には門前町がつきもの、そして修験の旅の前には色町も用意されていたりしますが?

これからしばらく色欲を捨て、修行するぞ!修行するぞ!って前に、

最後に俗世の垢を落として…昔っから、男のほうが未練がましいのかもねえ?

 

まさか雄琴もそういうもんなんでしょうか?

雄琴のソープと大切な愛車

近くにはJR湖西線のおごと温泉駅もあるんですけどね、

比叡山坂本って駅も近いようですねえ。

 

雄琴ソープ(http://www.asoviva.jp/shiga_fu/search232.html)の利用客は…

半々くらいのようで、ほとんどのお店がこの両駅まで無料で送迎もしてくれるようですね。

だから別に車なんぞ持っている必要も無し。

車買う金があるんならソープ行けって感じです。

毎月のローン代と駐車場代と時々やってくる税金と車検代とガソリン代…

 

かなりいい店にでも毎月行けそうなもんですな。

 

よく「それでも車は残るから、財産になる」とか言う方もいますけど、

そんなもんローンの終わるころにはどこかぶっ壊れているか、

飽きて売っちゃうもんです。

じゃないと車屋さんも儲からんじゃないか?

 

おんなじ乗るんなら、私はダンゼン乗り心地も気持ちもいいほうがいい。

 

カーセンサーとかじゃないけど、こういうことね。

風俗情報や風俗クーポン満載のアソビバ!.jp

雄琴のソープで溺れたい。

滋賀といえばそりゃ琵琶湖でしょうな。

でもね、男にとっちゃあ滋賀=琵琶湖のほとり=雄琴=ソープ街

これも大事なことなんですねえ。

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/search232.html


だってね、関西でも数えるほどのソープ街なわけで、

ソープ特有のアレつったら、

大阪なんかでいる人もそうそう味わえない

…事になってますわな。

 

京都なら?京都だってありません。

だったら神戸のほうまでわざわざ出張って?

 

なに言ってますか!京都から雄琴に行くのなんて、

蹴上から山科通って湖西バイパスでシュッと。

 

本当に、目と鼻の先、カカトとつま先くらいの距離なんですから。

 

おおう!こんなところに、こんな天国みたいなもんがあったとは!

 

誰もがそう思いますよ。

かく言う私もそうでしたからね!

 

お出かけ前にはコレ、結構便利ですよ。

旅のお供に。雄琴のお供に。

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ