湯けむり滋賀雄琴ソープランド事件簿

湖のほとりのネオン輝く一角、滋賀は雄琴のソープランド街に響く叫び! 30代独身サラリーマンのオレが身を賭して片っ端から潜入調査!?

2011年10月

その響きは雄琴ソープ

こないだ雄琴の「御三家」とか見てたから、ちょっとついつい予約しそうになりましたが今月はちょっとガチな月末までお金が使えず。想像であの写真の全員でアモーレして終わりました。

 

「アモーレ」とは?ご想像にお任せいたします。

 

御三家と聴いて急に聴きたくなったのが中学くらいんとき以来聴いてなかったトリップホップですね。ポーティス・ヘッド、トリッキー、マッシブ・アタック。ご存知ですか?

 

ふらっと聴いてみてください。最近タイトな音のものばっかり聴いてる方はできればバイナルで。音の感じがスモーキー。霧に包まれたような質感がドシっと鳩尾にきてくれます。

 

響く音が・・・いつもより深いですねここのシステムは・・・

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/search232.html

ハッ!ここはイイコトできるお風呂場!

雄琴ソープに時代を見る

さりげに、大好きなスコット・ヘレンを中心とする流れが、大きくエレクトロニカやヒップホップを変えたと同時に一度それらを終わらせた。

 

雄琴の風俗情報ならアソビバだが、そこに要約された風俗の流れもまた一度終わろうとしているものを加工し、新しい風を吹かせ、再び終わらせようとしているかのように今まさに「時代」を迎えようとしていると思う。

 

DABRYEを久々に聞きながらひどく真面目な顔をし、今、俺は、まさに、

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/shop3213.html

このページだけで想像とそれ以外のものも膨らんで、とりあえず握り締めている。

雄琴 ソープは朝ドープ

秋深し・・・。

 

OTHERWISEをカーステレオに放り込み、気ままなドライブをするには気分のよい朝だ。

 

昔持ってたミキサーが生きていれば、ここにドワっとリバーブをかけて、さらに深く。そしてカットインで、とスイスイ運転、ハッ!ここは雄琴 ソープ街!?

 

チュンチュンと雀が鳴いているのはスクラッチ代わりだな。

 

湖畔のたおやかな朝にアグレッシヴ・フロウで颯爽と乗りつけBIG気取って気持ちよく指名。お店によっては朝割りなんてある。しかし、危険なビッチたちだぜ。

 

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/shop4045.html

 

早起きはやっぱ良いわ。息子の起きもハンパねえわ。

 

・・・俺、なんでこんなにテンション高いの・・・。

 

安定感の雄琴ソープ

船越英一郎の安定感が半端ないサスペンスドラマを見ているようなもので、お決まりのアレってあるのいい。

 

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/shop5038.html

最近、私にとってこの店などは、そういった店になりつつあるかな。

 

しかし、そういう時も雄琴の風俗情報ならアソビバ

 

新たに行きたいところが必ず見つかる。私を呼ぶ新たな風が吹いているのさ。

 

Amouageって店もかなり気になっている。在籍女性の美しいこと・・・膝をついてご挨拶するためだけでもイキたいね。

 

女性が美しいと男ってものは元気になるからね。おっと、これは下ネタじゃないぜ?

 

ボウズ・オブ・カナダを車で流しながら少し懐かしい風の中、私は風俗をたしなみに今日も行くのさ。それが、オトナの男の勉強というものだろう?

 

少しは勉強しろよ。体と頭と金使ってさ。

 

って、いいながら足ガクガク運転さ。

やりすぎたな。

雄琴で人生に迷ったらソープへ

まあ、こないだから秋色玄人向けな肌触りの曲がとまらないわけで。

 

雄琴 ソープという名の男の風呂場も、ココからが旬の季節です。

 

下半身をすっきりするためだけに行くのは照れくさいので、もちろん夕日を昔のルパン宜しく琵琶湖で浴びて、少々かっこつけてから。

 

風呂場が秋の香りと水蒸気の香りが響く中、ちょっと乳輪の大きな女性と戯れるのもオトナの男の義務みたいなもんじゃねえか。その後少しスコッチでも飲むのが通ってものだ。

 

どこかで見たような話だって?きっと、疲れているのさ。

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/

男の義務を果たして来いよ。きっと、スッキリするさ。

 

行き場が分からない、そんな道を歩いているならこいつに聞きな。

 

雄琴の風俗情報ならアソビバだろ?遠慮はするなよ。

 

男の人生はいくつもの道があるものさ。

雄琴で気取るならソープへ

夏が終わってしまってからの高中正義が大好きで、ここからぼちぼち私がBPM落として音楽聴く季節になっていくわけで。

 

雄琴 ソープという名の男の風呂場も、ココからが旬の季節です。

 

まるで夕日を昔の金曜ロードショウのオープニングのように琵琶湖で浴びて、少々かっこつけてから。下半身さらしにだけ行くのは照れくさいじゃねえか。

 

風呂場がダブのフロウ宜しく音が響く中、ちょっと声の大きすぎる女と遊び、軽く日本酒を引っ掛けるなんていうのは、本当にオトナの男のたしなみみたいなもんじゃねえか。

 

ココなら最高の鳴りに違いないだろう?

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/search232.html

 

そして、爽やかに高中正義を聞きながら去っていくのさ。

「私のことは、追うんじゃない。」

そういい残してな。

 

男の人生はそうあるべきだね。

雄琴で映画のようにソープ

ひとりの秋の夕暮れはEddie Robertsが一番いい。

 

ピアノ旋律がしっとりと僕を寂しい気持ちにさせたなら、自然と僕の足はいつものソープ街に向いていた。

 

そう、雄琴 ソープへ。

 

なんとなく水蒸気の香りっていうのは落ち着くものだ。ちょっと無口で大人しい彼女は少し僕を緊張させる。

 

すぐにニッコリ微笑む一重美人の彼女にそんな緊張は直ぐにほぐれるのだが。

 

繰り返すたびに少しづつ変化していく単純なピアノの旋律を思い出しながら、僕は彼女の一ヶ所を執拗にまさぐる。

 

だんだん、激しさを帯びて、乱れる彼女を見てるとなんだか思い浮かべてるEddie Robertsが変な具合にマッチして一生忘れられないような気になった。

 

いい曲は、どんなシーンも映画のようにしてしまう。

 

「たっぷり出たね。」

はい・・・。

雄琴ソープのエリカよ

エリカ・ブードゥーっていう歌手がいて、なかなかシブい。ウインドウ・シートなんかはセックス&ザ・シティーに使われていて皆も良く知っていると思う。

 

ウインドウ・シートはエリカが惜しげもなく道端でポロリするPV

 

惜しげもなく肉体をふんだんに露わにした雄琴 ソープ嬢さながらなかなか雰囲気のある脱ぎ方をしてくれる。少しずつ都会の喧騒の中を服を脱ぐエリカの姿と伸びのよい喘ぐような声は、何というかアーバンなこの季節そのものだ。

 

http://www.asoviva.jp/shiga_fu/search232.html

 

美しい女性と特別な時間を過ごすにはこの季節はあまりにも似合いすぎる。そして、あまりにこの程よい肌寒さは人肌を気持ちよく感じさせる。ああ、エリカ。あんたの肌をいつか俺は味わいたいよ。

 

しかし、ソープ嬢がやたら可愛くって元気だったりしてこういう物憂げな男の哀愁をかき消すことも・・・あるなぁ・・・。

 


コチラをご覧頂きたい。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ