実在しない人物の戸籍を作った上、判決文を偽造し、債権者を装って銀行預金や供託金をだまし取ったとして、詐欺や虚偽公文書作成などの罪に問われた元京都家裁書記官広田照彦被告(37)の判決が25日、さいたま地裁であり、田村真裁判長は懲役11年(求刑懲役15年)を言い渡した。 

【関連ニュース】
「キング」に懲役20年=振り込め詐欺リーダー
全盲従業員の預金詐取=マッサージ会社社長ら逮捕
未公開株上場話で詐取容疑=被害3億か、投資会社社長逮捕
元家裁書記官に懲役15年求刑=判決文偽造、預金詐取
私学補助金4分の1に=投資詐欺事件で減額

「美人すぎる市議」自民が参院比例に擁立検討(読売新聞)
<目薬>目パチパチはダメ 正しい点眼5%(毎日新聞)
DNA検体誤登録、別人に逮捕状・捜索令状(読売新聞)
大阪のマンション玄関に遺体、殺人容疑捜査(読売新聞)
密約文書紛失で調査委=有識者交え、実態解明(時事通信)