鳩山由紀夫首相は31日午後の党首討論で、自身の資金管理団体をめぐる偽装献金事件に対する責任の取り方について「私としては身を粉にして国民の期待に応えることによって、その責めを果たしたい」と述べ、辞任の考えはないことを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
郵貯限度額上げ、公約と矛盾せず=鳩山首相
議論熟さず、急転直下の決着=肥大化に残る疑問点
亀井氏支持、危うい決断=指導力誇示に腐心

<グループホーム>スプリンクラー設置は約5割 7都県7市(毎日新聞)
小声で「間違いありません」=初公判で元首相秘書-東京地裁(時事通信)
「普天間、閉鎖せず」 返還後も有事に活用(産経新聞)
停電、埼京線など4700人缶詰め=最長3時間25分運転見合わせ-架線にケーブル(時事通信)
大阪・旭区で異音盗(産経新聞)