イランの首都テヘランで11日、毎日新聞カイロ支局の和田浩明記者(44)がイラン革命記念日の模様を取材中、治安当局に一時拘束された。けがはないという。

 毎日新聞社によると、和田記者は11日午前10時(日本時間同日午後3時半)頃、テヘラン市内で車内から街の様子を撮影中、治安当局に拘束され、約14時間後に解放された。当局は、指定場所以外での撮影をしたため、と説明したという。

 同社社長室広報担当の話「通常の取材活動中に拘束されたと考えています」

頭から流血、女性ひき逃げ死…茨城・龍ヶ崎(読売新聞)
陸自幹部の政権批判…「誤解招く」「危機感から」(読売新聞)
消費税論議、封印したことない=菅氏(時事通信)
<天気>西日本の太平洋側で気温上昇 延岡市で26.1度(毎日新聞)
時代劇ロケ地「流れ橋」、流れないよう新工法(読売新聞)