平成22年度の都立高校入試が23日、行われた。都教育委員会によると、杉並工業の英語のリスニングテスト(配点20点)で、放送機器の故障により音声が割れるトラブルが起きた。都教委は受験者168人全員に20点を加点するとしている。

 また、大森高校の国語のテストでは、外国籍の受験生3人へのルビ付き問題の配布漏れが判明した。他の受験生の試験結果を基に得点を補正して対応する。

 全日制の受験倍率は1・44倍で、昨年度よりも0・03ポイント上昇。学区が廃止された平成15年以降で最高となっている。

<JR山陽線>トラック接触で線路点検 19本運休(毎日新聞)
【党首討論詳報】(2)「小沢幹事長に責任を申し上げるつもりない」(産経新聞)
<学校事故>埼玉で児童13人搬送 一酸化炭素中毒の症状(毎日新聞)
<石川衆院議員>続投改めて表明…帯広で「励ます集会」(毎日新聞)
朝鮮学校「文科省がカリキュラムをチェック」 高校無償化で官房長官(産経新聞)