長島昭久防衛政務官は25日午前、グレグソン米国防次官補と防衛省で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「沖縄の政治情勢は非常に厳しく、今は確たるアイデアを伝えられないが、みんなが納得できるような案に到達できるよう努力したい」と説明した。これに対し、グレグソン氏は「5月(までに決着させる)ということなので、それを待ちたい」と応じた。 

【関連ニュース】
「普天間」新提案に否定的=14年期限へ早期解決を
仕分け、党に協力要請=首相
県内移設なら内閣総辞職を=普天間で民主・喜納氏
北沢防衛相、25日から沖縄訪問
「県外移設、頑張ります」=首相、社民党首に耳打ち

普天間、全面県外移設見送り=沖縄含め「2カ所くらい」-防衛相表明(時事通信)
首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」(産経新聞)
<強制わいせつ>追起訴の警部懲戒免職 福岡県警(毎日新聞)
<日本鋼管病院>看護師勤務表、全員が「平日・日中8時間」(毎日新聞)
天皇、皇后両陛下 長岡宮跡を視察(毎日新聞)