国営諫早湾干拓事業(長崎県)について、政府・与党の検討委員会は27日夜、非公式会合を開き、有明海の環境悪化の影響を調査するため、潮受け堤防の排水門を中長期にわたって開くべきだとの結論を取りまとめた。28日午後、赤松広隆農相に報告書を提出する。赤松農相は検討委の結論を尊重し、近く開門調査の方針を表明する見通し。「無駄な公共事業の象徴」とも評され、地元の賛否が対立してきた事業は、大きな転換点を迎えた。

 中長期の開門調査は、有明海の漁業被害・不振が潮受け堤防の閉め切りの影響とみる佐賀、福岡、熊本の3県の自治体や漁業関係者らが求めてきた。一方、長崎県では一部の漁業者が開門要望に転じたが、営農者や県などは、防災機能の低下や塩害などを理由に反対している。

 開門調査には、防災対策や、調整池の塩水化に伴う代替農業用水の確保などが課題となる。赤松農相は27日の会見で「反発するかもしれない所へ行く」と述べており、検討委の検討結果や自らの考えを説明して理解を得るため、近く長崎県を訪れる方針。

 検討委は今年3月に設置され、郡司彰副農相を座長に、地元4県の与党議員らで構成し、関係者へのヒアリングなどを重ねてきた。【佐藤浩】

【関連ニュース】
諫早湾:干拓事業開門 政府・与党検討委初会合
井上ひさしさん死去:梅原猛さん、奥平康弘さんの話
門は開くか:有明海再生の願い/下 不安 /佐賀
門は開くか:有明海再生の願い/上 確信 /佐賀
県市長会:会長に田上・長崎市長 /長崎

鳩山首相不起訴は「妥当」=偽装献金事件-検察審査会(時事通信)
舛添氏、依然高い人気だが… 産経・FNN世論調査(産経新聞)
橋下“維新の会”初陣 大阪市議補選に46歳女性役員擁立へ(産経新聞)
<阿蘇市>イメージキャラは「五岳くん」と「火の子ちゃん」 川崎のぼるさんがデザイン(毎日新聞)
「厚労省版マニフェスト」発表、全省庁で初(医療介護CBニュース)