公明党の山口那津男代表は19日午後の記者会見で、宮崎県での口蹄(こうてい)疫被害の拡大を受け、一定地域内の車両や物品の消毒を所有者に義務付け、国が一定地域内の家畜を殺処分できることを柱とする特別措置法案を今国会に提出する方針を明らかにした。特措法案を提出する理由について、山口氏は「今回の口蹄疫特有の被害をかんがみれば、従来の家畜伝染病予防法の改正では一般的過ぎて、差別化できない」と説明した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

警察官ミス、放置車両と誤認=スクラップ処理、所有者に賠償―兵庫(時事通信)
公務員採用半減見送り 政府 総論賛成も各省庁が反発(産経新聞)
70代男性が輸血でA型肝炎に感染(医療介護CBニュース)
★独自★関学生らデリヘル経営、逮捕 少女雇い多額利益(産経新聞)
農家への補償案を提示へ=山田副大臣が宮崎知事らに(時事通信)