警察庁は1日、国際手配中の日本赤軍メンバー7人のうち3人の写真を更新したポスターを作製すると発表した。横浜市でアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開かれる11月を前に、空港や駅などの公共交通機関のほか、海外の治安機関などに計約11万枚を配布。メンバーの発見に向けた情報収集を強化する。
 新しくするのは佐々木規夫(61)、奥平純三(61)、大道寺あや子(61)の3容疑者の写真。1994年か98年ごろ撮影された。
 佐々木、奥平両容疑者は98年ごろ、日本に潜入して実在する日本人男性名義の旅券を取得し、出国していたことが2004年に判明。大道寺容疑者も外国人を装って海外に潜伏していたという。 

【関連ニュース】
「危機感共有し、完遂を」=APEC警備で対策会議
APECジュニア会議が閉幕=平和求める宣言採択
自由化評価、6月に報告案=日本APEC、初会合閉幕
自由化の進展を評価へ=広島で事務レベル会合開幕-APEC
APEC控え協力態勢確認=税関、県警など横浜の4機関

秘書仲間から疑問も 勝場被告、20年来の「金庫番」(産経新聞)
<民主党職員>国が給与 内閣官房在籍の調査員(毎日新聞)
北海道の市立病院 首都圏の医師を北の大地へ勧誘(産経新聞)
ベトナム原発建設のトップセールス 首相に親書(産経新聞)
<普天間移設>「検討状況を説明」外相、米国防長官と会談(毎日新聞)