岡山市の中堅スーパー「山陽マルナカ」が、納入業者に不当な返品や従業員の派遣などを強要していたとして、公正取引委員会は18日、独禁法違反(優越的地位の乱用)の疑いで、同社の本社や店舗など20数カ所に立ち入りした。
 取引上の立場を利用して、不当に利益を要求する優越的地位の乱用は、今年1月施行の改正独禁法で取引高の1%の課徴金が課されることになった。今回の違反が認定されれば、初の適用例となる見通し。
 関係者によると、山陽マルナカは納入業者に特売品の売れ残りを不当に返品したり、従業員の派遣や値引きを強要していた疑いが持たれている。
 同社は2004年にも、無償で納入業者に商品陳列を手伝わせたり、紳士服を購入させるなどしたとして、公取委から排除勧告を受けている。
 同社は岡山、広島、大阪、兵庫の4府県に71店舗あり、09年3月期の売上高は約1290億円。
 山陽マルナカの話 04年の勧告後再発防止策を取った。今回調査の詳細は確認中だが、全面的に協力する。 

【関連ニュース】
シャッター大手3社に排除命令へ=カルテルで事前通知
青森市に改善措置要求=前副市長関与の官製談合認定
携帯事業の統合、6月に再延期=NEC、カシオ、日立
住友電工など4社に排除命令へ=課徴金、史上2番目160億円
談合で4社指名停止=国交省

小沢氏「疑惑がないこと明確にして頂いた」(産経新聞)
小沢氏を再び不起訴処分 東京地検特捜部(産経新聞)
心電図送信機のチャンネル番号入力間違えで医療事故(医療介護CBニュース)
普天間で冷淡対応 米国務長官滞在わずか3時間(産経新聞)
<フェアユース規定>新聞協会など14団体が意見書(毎日新聞)