平成2年に栃木県足利市で女児が殺害された「足利事件」の再審第6回公判が12日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれ、検察側が、無罪を求める論告をした後、菅家利和さん(63)に謝罪した。

 論告では「本件については、法廷で取り調べた関係証拠により、無罪の言い渡しがされるべきことは明らかです」と、簡潔に無罪判決を求めた。

 論告を読み上げた検察官は「論告は以上ですが、一言ご容赦いただけますか」と裁判所に発言許可を求め、立ち上がったまま、「真犯人ではない菅家さんを起訴し、17年あまりの長期間、服役を余儀なくさせ、取り返しのつかない事態になりましたことを、誠に申し訳なく思っております」と謝罪の言葉を述べ、頭を下げた。検察官席に座ったほかの検事2人も、同時に頭を下げた。

 その上で、「検察としてはこのようなことを2度と繰り返さないよう、捜査して参る所存です」と、冤罪(えんざい)を繰り返さない決意を述べた。

 菅家さんは想定外の謝罪にも表情を変えることなく、検察官の謝罪を聞いていた。

【関連:足利事件再審】
「謝って下さい、お願いします」菅家さん謝罪を懇願
弁護側「極めて不誠実だ!」 検察側も「異議あり」を連発
「否認しても有罪」きっぱり言い切る元検事
「勘弁してください」泣いて“自白”してしまう菅家さん
菅家さん、机を蹴り怒り表す場面も

神鋼と株主が和解 橋梁談合訴訟(産経新聞)
パレスチナ アッバス議長が広島初訪問、原爆慰霊碑に献花(毎日新聞)
<旭川冬まつり>無念の開幕日 雪だるま49個破壊される(毎日新聞)
追加調査を重ねて否定=外交機密費の官邸上納-平野官房長官(時事通信)
殺人 3人刺され女性2人死亡、少年?逃走…宮城・石巻(毎日新聞)