生後5カ月の長女に暴行し、骨折などのけがを負わせたとして、愛知県警半田署は20日までに、傷害の疑いで、福井県敦賀市東洋町、無職堀居緑子容疑者(22)を逮捕した。同署によると、「育児で疲れ、いらいらして殴った」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は2月上旬から4月16日ごろの間、敦賀市の自宅で長女を壁にぶつけたり、殴ったりして、両腕の骨折など3週間のけがを負わせた疑い。
 同署によると、長女の顔や胸に複数の打撲の跡があるほか、左足の裏に針のようなもので刺した傷もあるという。 

【関連ニュース】
傷害容疑で会社員逮捕=父けられ入院、死亡
「やり過ぎれば死ぬ」と供述=1歳男児変死、傷害致死で捜査
同居の男を傷害容疑で逮捕=1歳男児変死、虐待認める
両親、1歳女児虐待認める=「いらいらして殴った」
男3人を傷害致死で再逮捕=工事現場遺体遺棄

ネットオークションで偽情報を売った男を詐欺容疑で逮捕 岡山県警(産経新聞)
米政府、「普天間継続使用」を日本に伝達へ(産経新聞)
<名古屋市版レッドリスト>「絶滅」に13種追加(毎日新聞)
全国唯一の「税の学習施設」がリニューアルオープン 東京都台東区(産経新聞)
<愛知3遺体遺棄>逮捕の3容疑者「被害者宅で殺害」と供述(毎日新聞)