酒気を帯びた状態で覆面パトカーを運転したとして、警視庁は21日、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで、警視庁第7方面交通機動隊の警部補(49)を書類送検し、停職6か月の処分とした。警部補は容疑を認め、同日付で辞職した。

 警視庁の調べによると、警部補は4月1日午前11時ごろ、東京都江戸川区の同隊分駐所から江東区の同隊本部までの約10キロにわたり、酒気帯びの状態で覆面パトカーを運転した疑いが持たれている。

 警部補は前日の3月31日夜、ビール3本と焼酎の水割り約10杯を飲んで就寝。翌日は休みだったが、職務上の報告のため分駐所に出勤して書類を作成し、移動のため覆面パトカーに乗って本部に出向いた。その際、報告を受けた上司の同隊副隊長が酒のにおいに気付いたという。

【関連記事】
飲酒運転で女性自衛官停職 熊本の第8通信大隊
酒気帯び運転の中学教諭を懲戒免職、長崎
大阪府警運転免許課主任が酒気帯び、事故起こし逮捕
長崎県警巡査を逮捕 酒気帯びの車に同乗の疑い
消防職員が酒気帯び運転 秋田で摘発

無条件フォロー返しは危険! うっかりクリックで詐欺やウイルス(産経新聞)
3月下旬に県の検査すり抜け=口蹄疫感染の水牛―宮崎(時事通信)
<離婚式>「最後の共同作業」が盛況(毎日新聞)
世代交代と脱派閥掲げ「新世紀」発足 自民若手(産経新聞)
<殺人>認知症の姉殴り死なす 同居の弟を逮捕(毎日新聞)