長崎県五島列島沖で底引き網漁船「第2山田丸」が遭難、乗組員10人が行方不明になっている事故で、金子原二郎・長崎県知事は18日の記者会見で、遭難した海域の水深約150メートルの海底で、第2山田丸の船体を確認したと発表した。

 所有する山田水産(長崎市)の僚船が14日、魚群探知機などで船体らしい物体を確認。県の調査船が16日から、周辺海域に水中カメラを入れて調べたところ、海底に沈んだ船体を発見しビデオ撮影した。17日、映像を山田水産に確認したところ「第2山田丸に間違いない」と回答があったという。

周産期医療の整備へ不動産取得税「特例措置」延長の周知を(医療介護CBニュース)
<政教分離>「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決(毎日新聞)
ベトナム新幹線支援へ調査団=岡田外相(時事通信)
<足利事件>92年12月7日の地検聴取テープ(3)(毎日新聞)
【中医協】勤務医対策、病院側の立場の違いくっきり(医療介護CBニュース)