総務省は19日、独立行政法人と特殊法人の非正規の嘱託職員として国家公務員OBが再就職し、年収600万円以上となっている計18法人計74ポストについて、原則として今年度中に廃止する方針を決め、同日、各府省に通知した。

 対象は、厚生労働省所管の雇用・能力開発機構や高齢・障害者雇用支援機構など17の独立行政法人の73ポストと、財務省所管の特殊法人・日本政策金融公庫の1ポスト。

 ただ、今年度中の廃止によって法人の業務運営に大きな支障が生じたり、高度な専門技術が求められたりする場合は、例外として一定期間の存続を認める。「廃止の抜け穴になる」との指摘が出そうだ。

<事業仕分け第2弾>「内部告発」を募集…枝野担当相(毎日新聞)
五輪スノーボード 「応援に感謝」…国母が帰国(毎日新聞)
西武新宿線で運転見合わせ 作業用列車とトラック接触(産経新聞)
子ども手当「11年度は満額」=鳩山首相(時事通信)
誕生、上州の究極B級グルメ「うTON飯」(産経新聞)