自民党の大島理森幹事長は24日午後の記者会見で、政府が金融2社への間接的な政府出資の維持などを柱とする郵政改革の骨格をまとめたことについて「郵政の完全民営化路線を真っ向から否定するものだ。まさに民から官への郵政先祖返り法案と言わざるを得ない」と批判した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

兵庫知事と朝鮮学校に脅迫状…知事には薬きょうも(読売新聞)
メディア発言続ける=民主・生方氏(時事通信)
<さい帯血バンク>宮城のNPO法人が経営危機(毎日新聞)
阿久根市長、県立高の生徒処分に異議唱え介入(読売新聞)
<強風>羽田発着の107便が欠航 首都圏の鉄道、一時不通(毎日新聞)