日本の南海上にある低気圧が急速に発達しながら三陸沖を進む影響で、9日夕から11日にかけて東日本の内陸部や北日本を中心に大雪などの恐れがある。気象庁は9日、暴風雪と高波、大雪に関する気象情報を発表し、警戒を呼びかけた。

 気象庁によると、10日に予想される最大風速は、北日本が陸上20メートル、海上28メートル、東日本と西日本は陸上20メートル、海上22メートル。北日本の太平洋側と九州では波の高さが6メートルを超える大しけとなる。10日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で▽東北太平洋側80センチ▽北海道50センチ▽東北日本海側、北陸、岐阜県、山陰40センチ▽長野、群馬県、近畿北部、山陽、山口県30センチ--の見込み。

【関連ニュース】
【気になる全国の天気をチェック】
【現在氷点下の地域はこれだけある】アメダス実況
【低気圧の推移がわかる】衛星画像:降水短時間予報
【気になる全国の週間天気をチェック】
【全国の警報・注意報一覧】

イノシシ猟、5m後ろから一粒弾撃たれ死亡(読売新聞)
女性触った職員を懲戒免職=NHK(時事通信)
夜間中学 91歳女性が卒業…戦災・震災乗り越え 神戸(毎日新聞)
東電との取引装い融資金詐取、社長を再逮捕(読売新聞)
「もう10年、まだ10年」=17歳息子失った父・日比谷線事故(時事通信)