2005年4月のJR福知山線脱線事故で、神戸第1検察審査会は26日、業務上過失致死傷容疑で告訴され、神戸地検が2度不起訴(嫌疑不十分)にしたJR西日本の井手正敬氏(74)、南谷昌二郎氏(68)、垣内剛氏(65)の歴代社長3人について「起訴議決」をしたと公表した。議決は同日付。

 改正検察審査会法施行後、起訴を求める議決は2件目で、神戸地裁が選ぶ検事役の指定弁護士が業務上過失致死傷罪で起訴する。在宅起訴された山崎正夫・前社長(66)を含め、JR西の社長経験者4人が刑事責任を問われる極めて異例の事態になる。

 改正検察審査法の施行後、強制起訴されるケースは、兵庫県明石市の歩道橋事故で今年1月に決まった明石署元副署長(63)に次いで全国2件目。

 井手氏は、JR西が現場カーブを急カーブに付け替えた1996年当時の社長で、南谷氏は後任の社長、垣内氏は脱線事故当時の社長だった。

<平野官房長官>中井国家公安委員長を口頭で厳重注意(毎日新聞)
小沢幹事長 生方氏の副幹事長職を慰留、本人も了承(毎日新聞)
桜 大阪で開花 観測史上2番目(毎日新聞)
企業の教育訓練費、半減=実施割合は過去最低-厚労省調査(時事通信)
コーヒー豆商標訴訟でエチオピア勝訴=特許庁の審決取り消し-知財高裁(時事通信)