環境保護を標榜する米団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーが日本の調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に不法侵入した事件で、傷害や威力業務妨害など5つの罪に問われたSS抗議船「アディ・ギル号」元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)について東京地裁の多和田隆史裁判長は7日、初公判を27日に指定した。また、第2、3回公判もそれぞれ28、31日に指定した。

 起訴状によると、ベスーン被告は2月11日、南極海で航行中の第2昭南丸に向かって酪酸入りのガラス瓶を発射、酪酸を飛び散らせて業務を妨害するとともに、乗組員にけがを負わせたなどとされる。

 事件をめぐっては、東京海上保安部が傷害と威力業務妨害の共犯容疑で代表のポール・ワトソン容疑者(59)の逮捕状を取っている。

【関連記事】
「クジラを食べるな」DNA鑑定まで駆使し“日本食監視”
「政治的意図で逮捕状」と批判 シー・シェパード代表
赤松農水相「毅然とした態度で対応すべき」 SS代表に逮捕状で
「調査捕鯨監督官」古川紘子さん 重要さ、公正さ知ってもらいたい
船体に赤い塗料…SSの妨害受けた調査捕鯨船団母船が帰国
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<原爆の子>サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
被害者感情と国民理解を重視=B型肝炎和解、慎重に検討-鳩山首相(時事通信)
<両さん像損壊>容疑の会社員を書類送検…警視庁亀有署(毎日新聞)
幼保一体化 かすむ公約 文科省と厚労省対立/保護者も賛否(産経新聞)
中国の中間層にも観光ビザ発給へ=「富裕層のみ」から緩和-政府(時事通信)