警視庁蒲田署で、保管する拳銃(けんじゅう)の銃弾5発が紛失した可能性があることが8日、同署への取材で分かった。銃弾の保管記録と、実際に保管されている数が一致しないとう。帳簿の記録が間違っている可能性もあり、同署で詳しく調べている。

 同署によると、1月26日、署内で保管しているすべての銃弾の数を確認したところ、帳簿に記録している銃弾の数と一致しないことが判明した。

 同署では、署員が保管庫から持ち出す銃弾と、返却した銃弾の数を毎日、記録していたが、実際に保管しているすべての銃弾の数を把握していなかった。1月に保管庫を掃除した際に弾数を照合したところ、弾数が足りないことが分かったという。

【関連記事】
点検中に拳銃が暴発 弾抜き忘れ、けが人なし 大津警察署
大阪・羽曳野の発砲事件の容疑者上着に4発装填の予備弾倉  
銃刀法違反容疑で書類送検 前高知県知事事務所前に銃弾
近所トラブルで銃弾・脅迫文…火炎瓶も所持 大阪・松原の男
女性宅マンションのドアに発砲、弾痕4カ所 京都・伏見

<小沢幹事長>5月訪米を前向きに検討(毎日新聞)
雑記帳 赤ヘルファン注目、球場のお宝売り出しへ 広島市(毎日新聞)
普天間移設、受け入れに否定的=グアム知事(時事通信)
横浜市で3億円の不正経理発覚(産経新聞)
12年度完全実施、先送りも=首相が言及-高速無料化(時事通信)