秋田市にある百貨店の西武秋田店が、地元の伝統食材で大根をいぶした漬物「いぶりがっこ」や魚醤(ぎょしょう)「しょっつる」を使ったパンを地下食品売り場のパン店と共同開発した。27日から発売する。

 角切りのいぶりがっこをパン生地で包んだものと、セリ・マイタケ・鶏肉をパンに載せ、しょっつるで味付けしたものなど3種類。独特の歯応えや香りが楽しめ、しょっつるパンは鍋料理のような味もする。

 ミスマッチにも見えるが、約1カ月にわたり試行錯誤を重ねただけに味のバランスは絶妙。“酒の国”秋田らしく、店の担当者は「朝食だけでなく、晩酌のおつまみにもどうぞ」。【小林洋子】

【関連ニュース】
四条河原町阪急:今秋に閉店…京都
松坂屋:名古屋駅店8月閉鎖発表 正社員は本店などに転属
セブン&アイ:西武有楽町店、年内閉鎖も 赤字続きで
余録:百貨店の苦境
マータイさん:ショップ訪問 小田急・新宿店

<劇団>「ふるさときゃらばん」経営破綻 負債6億円(毎日新聞)
国公立大の倍率上昇、4・9倍に 不況の影響か(産経新聞)
<石井一参院議員>「チベット」発言弁明(毎日新聞)
近畿大阪銀行が150人の顧客情報を紛失(産経新聞)
<詐欺容疑>国選弁護費用を水増し請求、弁護士逮捕 岡山(毎日新聞)