沖縄県警本部(もとぶ)署は31日、原付きバイクを飲酒運転した同県今帰仁(なきじん)村の中2男子生徒(14)を道路交通法違反(酒気帯び・無免許)容疑で現行犯逮捕。同乗していた無職少年(15)を補導した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、男子生徒は31日午前0時半ごろ、原付きバイクに2人乗りし、無免許で村内の国道を飲酒運転したとしている。

 同署によると、パトカーが2人乗りの原付きバイクを見つけ、追跡を始めた直後に転倒したという。逮捕された生徒は呼気1リットルあたり0.27ミリグラムのアルコール分が検出されており、飲酒の経緯などを調べている。2人は春休み中で「買い物に行く途中だった」と話しているという。【井本義親】

【関連ニュース】
窃盗未遂:衣類盗もうとした疑い…警視庁警部補を逮捕
酒気帯び:容疑で自衛官逮捕 乗用車に追突 山口・宇部
飲酒運転:都内の「死亡事故ゼロ」83日 厳罰化の効果か
沖縄ひき逃げ:米3曹容疑認める 県警が任意聴取
酒気帯び運転:容疑で7人制ラグビー元日本代表逮捕

大阪モノレールでポイント故障(産経新聞)
チリ大地震津波被害、激甚指定へ 水産復旧費9割補助(河北新報)
郵貯限度額「時間かけ縮小を」=民業圧迫を懸念-仙谷戦略相(時事通信)
ケア付き高齢者向け住宅の選び方で小冊子―東京都(医療介護CBニュース)
<普天間>「腹案は既に用意している」と言明…鳩山首相(毎日新聞)