愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、殺害された会社員、岩瀬一美さん(58)が事件直前、県警豊川署に「長男が自分のクレジットカードを勝手に使い、ネットオークションなどで200万~300万円の借金を作った。どうすればいいか」と相談していたことが17日、分かった。捜査幹部が明らかにした。一美さんはその後、自宅の電話を止めてインターネットを使えなくしたという。同署は長男の高之容疑者(30)=殺人未遂容疑で逮捕=がこれに激高して家族を襲ったとみて調べている。

 捜査幹部や親族によると、高之容疑者は引きこもり状態にあった事件前、ネットに一日中没頭したうえ、ゲームなどをオークションなどで購入しては一美さん名義のカードで支払っていた。一美さんら家族は12~15日に計8回、購入などに関するトラブルを巡って110番したり「これ以上エスカレートさせないためにはどうすればいいか」と同署に相談していた。【沢田勇、山口知】

【関連ニュース】
<事件の一報>殺人:ネット解約され家族5人刺す…父と1歳児死亡 愛知
<関連記事>愛知5人殺傷:家族に強い怒り 長男、執拗に何度も刺す
<関連記事>家族5人殺傷:容疑の長男、以前からトラブル…愛知
<関連記事>愛知・豊川の家族5人殺傷:「何で解約したんだ」/外との接点絶たれ(その1)
<関連記事>愛知・豊川の家族5人殺傷:「何で解約したんだ」/外との接点絶たれ(その2止)

防衛相が普天間問題の5月末決着を疑問視(産経新聞)
<ノリタケ>子会社元社員を追送検 横領額は1840万円に(毎日新聞)
運転士「快速と錯覚」駅300メートル過ぎ急制動 JR奈良線(産経新聞)
<天然記念物き損容疑>「シカ売れば金に」 新たに1人逮捕(毎日新聞)
窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可(医療介護CBニュース)