中国産のワカメを使ったワカメ製品を徳島県鳴門産と偽って販売したとして、徳島県警生活環境課は9日、不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで、鳴門市の海藻加工会社「マルナガ水産」の前社長、伊藤五百里容疑者(70)=同市撫養町=を逮捕した。調べに容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、同社が製造する湯通し塩蔵ワカメの原材料に中国産ワカメを使用していたにもかかわらず、「生鳴門産わかめ」などと記載された袋に詰め、平成21年1月初旬~6月下旬の間、大阪市内の業者に計約470トンを約7300万円で販売したとしている。

 県警によると、同社は21年以前から中国産ワカメの偽装を行っていたとみられるといい、余罪を追及する方針。

【関連記事】
「食の安全」最多の66事件 前年の1・8倍 平成14年以降で最多
「魚秀」が所得隠し1.2億円 ウナギ産地偽装の工作費
タケノコ産地偽装、徳島の業者に有罪判決
アサリ産地偽装業者に有罪判決、罰金300万円 熊本
ワラビ産地偽装の社長ら有罪 山形地裁
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

貨物船同士衝突、1隻転覆=4人脱出、けがなし-大分(時事通信)
大阪市長に公開討論申し入れへ=「大阪都」構想で対立の橋下知事(時事通信)
リニモ運行会社員、8900万円着服し馬券購入(読売新聞)
<布川事件>ワイシャツとタオルのDNA鑑定要求へ…検察(毎日新聞)
性被害、親に言えず…教え子暴行発覚せず20年(読売新聞)