大学入試センターは5日、1月に実施したセンター試験の受験者数が、追試験を含めて52万600人だったと発表した。昨年より1万2979人多く、2年連続で増えた。志願者全体に占める受験率は94.08%で、平均5.81科目を受けていた。
 センター試験を入試に利用する私立大が増えたほか、不景気に伴う国公立大人気も受験者増の要因とみられる。インフルエンザなどで追試を認められた972人のうち、実際に受験したのは893人だった。 

【関連ニュース】
国公立大倍率、4.7倍=不景気で4年ぶり高水準
最大640人が受験=センター試験追試
得点調整行わず=センター試験
得点調整ない見通し=平均点を中間発表
センター追試972人に

殺人容疑で女を逮捕へ=来月初旬にも、41歳男性死亡-連続不審死・埼玉県警(時事通信)
農家男性に婚活の場、合コン毎月開催へ(読売新聞)
<匿名通報ダイヤル>2月から児童虐待の情報も受け付け(毎日新聞)
<群馬ヘリ事故>意思疎通不足などが原因 運輸安全委報告書(毎日新聞)
処方薬、検出成分と一致=走行記録、販売日誌も分析-状況証拠重ね立件・鳥取県警(時事通信)