鳩山首相は19日夜、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題について、「連立内閣だから、社民党、国民新党にも理解していただけるような解決策を作り出していく。少なくとも最終的に連立政権を維持する形の結論を出す」と述べ、与党の結束を重視する意向を示した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。国民新党は同県内の米軍キャンプ・シュワブ陸上部への移設案などをまとめたが、社民党は県外移設を主張している。

桜の温暖化で「開花なし」も 開花予想、気象庁撤退でどうなる(産経新聞)
ゲームサイト不正侵入、小6女児が他人のふり(読売新聞)
党首討論、守りの首相 “決断”なければ反転困難(産経新聞)
<盗撮容疑>警視庁の巡査長を書類送検(毎日新聞)
「芦屋の景観にふさわしくない」 市がマンション計画不認定に(産経新聞)