防衛省統合幕僚監部は15日、領空に接近した他国籍機に対する航空自衛隊機の緊急発進(スクランブル)が、09年度は299回だったと発表した。過去10年では、07年度の307回に次いで2番目の多さだった。

 内訳は、ロシアが197回で66%を占めて最多。中国38回(13%)、台湾25回(8%)などが続いた。年度を通じ、ロシア機が日本の領空に沿って日本海や沖縄、薩南諸島方面へ長距離飛行したのが特徴。

【関連ニュース】
防衛省:前連隊長発言を擁護 陸自3佐を処分 1尉も指導
埼玉県警商標権侵害:防衛省が警察庁に再発防止を要請
普天間移設:北沢防衛相が沖縄知事に政府検討案説明か
空自談合:初の改善措置要求 公取委
北沢防衛相:自衛隊機を民間転用 検討会発足へ

沖縄の離島広がる入島税、環境保全など目的(読売新聞)
東北新幹線八戸-新青森駅間で試験走行始まる(産経新聞)
西濃運輸のトラック24台、車検切れで運行(読売新聞)
<アカウミガメ>産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)
すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜(産経新聞)