前原誠司国土交通相(47)が25日の衆院予算委員会で、自民党・町村信孝元官房長官(65)の挑発にキレた。

 前原氏は24日に建設中止の方針を固めている八ツ場ダム(群馬県)建設予定地を訪れ、住民と初めて意見交換し、政策転換で迷惑をかけたことを陳謝した。町村氏はこの日、「今更謝ってどうするんですか」と指摘。前原氏は「(自民党政権の)ツケをほっといて、今の政権のせいにするのはやめてほしい」と強い口調で反論。いったん席に戻ったが、町村氏が「前政権のせいにするのは稚拙」などと話していると、指名されてないのに答弁席に近づいて、なぜか仁王立ち。町村氏や委員長に注意されても一歩も引かず、町村氏にぶちキレていた。

 【関連記事】
「中止は政治の責任」と前原氏
前原誠司 予算委員会 町村信孝 を調べる

現場遺留物、無職男のDNA型=Tシャツ血痕は荻野さんと一致-千葉大生殺害放火(時事通信)
銚子電鉄「デハ702」最後の旅 鉄道ファンら花道飾る(産経新聞)
願書受け付け開始=来月3日まで-国公立大2次試験(時事通信)
<社民党>幹部ポスト3日空席、「党首の調整不足」の批判も(毎日新聞)
居酒屋に車突っ込み4人けが、1人心肺停止(産経新聞)