阿久根市職員労働組合(約200人)は26日、庁舎内の事務所を4月1日午前0時までに明け渡すよう竹原信一市長から通告されたことを受け、一時的な退去を決めた。

 市職労は3月25日の役員会で退去の方針を決め、26日の全体集会で執行部一任の了承を得たという。自治労関係者は「市政の混乱を避けるためにも一時退去が望ましいと判断した」と話した。一方で庁舎内を使用できるよう提訴することも検討している。

 移転先は未定。市庁舎に近い場所を検討している。

築地移転ストップも、民主が用地費削除案決定(読売新聞)
平野官房長官 中井国家公安委員長を口頭で厳重注意(毎日新聞)
小学教科書検定 神話など伝統文化増えるも、自虐史観は残る(産経新聞)
「耳が悪いか口か、お互い様」亀井氏批判に菅氏(読売新聞)
高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)