東京地裁で19日に開かれた裁判員裁判の初公判で、弁護側が証拠採用に同意していない供述調書の一部を、検察側が誤って読み上げる一幕があった。裁判長は同意していない部分について証拠排除とした。

 読み間違いがあったのは、都内の病院で平成21年7月、自殺未遂で意識不明となり入院中だった息子=当時(40)=を刺殺したとして殺人罪に問われた無職、和田京子被告(67)の初公判。検察側が証拠として息子の妻の供述調書を読み上げたが、息子の経済状況に関する点に弁護側が同意していない部分が含まれていた。

 弁護側の指摘で間違いが発覚。裁判長は証拠排除とすることを決め、法廷で裁判員に「さきほど読み上げた部分は証拠ではありませんでした」と説明した。

 東京地検によると、初公判を担当した検察官は、3人全員が今月異動してきたばかり。東京地検は「事務的なミスだと思われるが誠に遺憾。今後、原因を究明し、再発防止に努めたい」としている。

「舛添新党」、午後旗揚げ=政界再編目指す(時事通信)
<将棋>羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局(毎日新聞)
<円山動物園>ヒグマ館オープン 雌の「とわ」人気 北海道(毎日新聞)
診療所21件、病院と歯科医院各12件-昨年度の医療機関の倒産(医療介護CBニュース)
被害者給付12億7700万円=制度改正後、大幅増額-警察庁(時事通信)